関西エンタメ&スポーツの穴

関西を中心にエンタメやスポーツ情報を書いています。

野球

日本ハムのドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

投稿日:2019年1月26日 更新日:

 

 

前回の記事で、日本ハムファイターズの2009年のドラフトを振り返ってみました。

2009年は増井投手を獲得し、その後の活躍に。

 

日本ハムのドラフト2009年を評価しました!10年経って思った事

 

今回は、その翌年、2010年の日本ハムのドラフトを振り返ってみたいと思います。

 

Sponsored Link



 

日本ハムのドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

日本ハム 2010年 ドラフト指名選手

日本ハムの2010年のドラフト指名選手は次の通りです。

 

1位 斎藤佑樹 投手 右投げ右打ち 早稲田実業高校→早稲田大学

2位 西川遥輝 外野手 右投げ左打ち 智弁和歌山高校

3位 乾真大 投手 左投げ左打ち 東洋大姫路高校→東洋大学

4位 榎下陽大 投手 右投げ右打ち 鹿児島工業高校→九州産業大学

5位 谷口雄也 外野手 右投げ左打ち 愛工大名電高校

6位 齋藤勝 投手 左投げ左打ち 修徳高校→セガサミー

 

活躍した選手は?

西川遥輝

活躍した選手の筆頭は西川でしょう。

外野のレギュラーをガッチリと掴み、タイトルも、盗塁王、ベストナイン、ゴールデングラブを、それぞれ数回獲得。

パ・リーグを、日本を代表する外野手に。

今では、日本ハムになくてはならない選手に成長しました。

 

Sponsored Link



 

活躍しなかった選手は?

斎藤佑樹

甲子園の優勝投手で早稲田大学を経て鳴り物入りでの入団。

しかし、人気が先行していますが、結果は伴っていません。

入団1年目の6勝が最高で、以後、1軍では殆ど活躍が出来ていない状況に。

今季は、選手生命をかけたシーズンになると思います。

 

乾真大

日本ハム在籍5年。

その後、巨人に2年在籍。

2012年には1軍で自己最多の36試合に登板も、以後は年々成績が悪化。

2017年限りで引退しました。

 

榎下陽大

在籍7年。

通算35試合登板。

2017年限りで引退しました。

 

谷口雄也

2014年出場72試合、2015年出場48試合、2016年出場83試合。

この3年間は、1軍での出場も多かったのですが。

それ以降は出場試合が激減。

今季は勝負の年になるでしょう。

 

齊藤勝

在籍5年。

1軍登板は通算で9試合。

2015年限りで引退しました。

 

まとめ

 

2010年の日本ハムのドラフト指名選手を振り返ってみました。

この年のドラフトでは西川を獲得。

そして、現在の活躍に。

これが一番大きかったでしょう。

そして、レギュラーとは言えませんが、谷口も一軍の戦力に。

この二人の高校生外野手が戦力になりました。

点数を付けるとすれば60点くらいでしょうか。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

広島のドラフト2011年を評価しました!8年経って思った事

広島のドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

広島のドラフト2009年を評価しました!10年経って思った事

 

Sponsored Link



-野球

執筆者:

関連記事

阪神 金本知憲監督の辞任について思うこと

    2018年10月11日。 阪神タイガースの金本知憲監督が辞任を発表しました。 「続投」が一変して「辞任」。 この発表について、思ったことを書いてみたいと思います。 &nbs …

DAZNをヤクルトと広島が撤退した理由は巨人の放映権料が原因?

      プロ野球の全試合完全中継を売りにしている「DAZN」。2018年の昨年は巨人以外の11球団が入っていました。しかし、2019年、今年は巨人が入りましたが、ヤク …

東京オリンピック野球のメンバー予想!メジャー選手の動向と人数は?

    年が明け、2020年になりました。   今年はオリンピックイヤー。   東京オリンピックがあります。   今大会は野球も種目入り。 &nbsp …

ロッテ 鈴木大地のFA移籍先・獲得球団を予想!人的補償の候補は?

  千葉ロッテの鈴木大地選手。今オフ、FA宣言をして一躍注目を浴びています。内野なら、どこでも守れるユーティリティープレイヤー。そして、本職では有りませんが外野も守れます。   一 …

阪神コロナ感染食事会参加者を予想!発表3選手以外の4選手は誰?

  3月30日付大阪最終版1面です。新型コロナウイルスの影響で活動停止中の阪神が、4月2日にも再稼働する可能性が出てきた。週明けにも練習解禁に向けた各方面との協議、調整を本格化する方向。再ス …