PR

「アレンパ」とは、どんな意味?誰が考えて言い始めた?

記事内に広告が含まれています。

「アレンパ」という言葉、フレーズが広まっています。

「アレンパ」とは、どんな意味なのでしょうか?

また、誰が発案者、考えて言い始めたのでしょうか?

今回の記事では、それらの事について書いてみます。

Sponsored Link



 

「アレンパ」とは、どんな意味?

「アレンパ」とは、「アレ」の「連覇」をくっつけて作られた言葉、フレーズです。

「アレ」とは、阪神タイガースの岡田彰布監督が就任当初に発言した「優勝」という意味があります。

実際には、岡田監督はオリックスの監督時代から言っていたそうですが、オリックスでは流行りませんでした。

そして、岡田監督は「アレ」を広め、実際に「優勝」しました。

さらに、日本シリーズに勝って日本一に。

「日本一」は「アレのアレ」と言われています。

「アレンパ」は誰が考えて言い始めた?


「アレンパ」は阪神タイガースの佐藤輝明選手が考え、言い始めました。

発案者は佐藤輝明選手です。

佐藤輝明選手は「テル」とか「サトテル」の愛称で呼ばれている三塁手です。

岡田監督は佐藤輝明選手には期待の裏返しもあり、シーズン中から厳しい言葉をかけています。

しかし、「アレンパ」を考えた佐藤輝明選手に対しては「初めて佐藤凄いと思った。これは、なかなか大したもんよ」と絶賛。

更に、岡田監督は来季のスローガンについて「『アレンパ』も良いんじゃないかなと思ったけどね」とも発言。

「アレンパ」が来季のスローガンになる可能性も示唆しました。

佐藤輝明のプロフィール

生年月日 1999年3月13日

年齢 24歳(2023年12月現在)

出身地 兵庫県西宮市

身長 187㎝

体重 93㎏

右投げ左打ち

ポジション 内・外野手

兵庫・仁川学院高校→近畿大学→阪神タイガース・ドラフト1位(2021年~)

佐藤輝明の年度別成績

2021年(入団1年目) 126試合 打率.238 24本塁打 64打点 6盗塁

2022年(入団2年目) 143試合 打率.264 20本塁打 84打点 11盗塁

2023年(入団3年目) 132試合 打率.263 24本塁打 92打点 7盗塁

まとめ

「アレンパ」の意味、誰が考えて言い始めたのか?について書きました。

「アレンパ」は「アレ」の「連覇」をくっつけた言葉、「優勝」の「連覇」という意味。

「アレンパ」を考え出したのは阪神タイガースの佐藤輝明選手でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

Sponsored Link



 

タイトルとURLをコピーしました