関西エンタメ&スポーツの穴

関西を中心にエンタメやスポーツ情報を書いています。

野球

阪神のドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

投稿日:2019年1月17日 更新日:

 

 

2019年1月16日。

早いもので、2019年も2週間が経ちました。

プロ野球も2019年のシーズン開幕に向け、春季キャンプが近づいてきましたね。

今回は、阪神タイガースの2010年のドラフトを振り返って考えた事を書いてみたいと思います。

 

Sponsored Link



 

阪神のドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

2010年 阪神タイガース ドラフト指名選手

2010年の阪神タイガースのドラフト指名選手は次の通りです。

 

1位 榎田大樹 投手 左投げ左打ち 小林西高校→福岡大学→東京ガス

2位 一二三慎太 投手 右投げ右打ち 東海大相模高校

3位 中谷将大 捕手 右投げ右打ち 福岡工大城東高校

4位 岩本輝 投手 右投げ左打ち 南陽工業高校

5位 荒木郁也 内野手 右投げ左打ち 日大三高→明治大学

 

育成枠

1位 阪口哲也 内野手 右投げ左打ち 市和歌山高校

2位 島本浩也 投手 左投げ左打ち 福知山成美高校

3位 穴田真規 内野手 右投げ右打ち 箕面東高校

 

活躍した選手は?

2010年の阪神のドラフトを見て、活躍した選手。

なんといっても、1位の榎田でしょう。

即戦力として活躍しましたが、近年は出場機会が減り、昨年、西武にトレード。

見事、プロ入り初の二桁勝利達成。

トレードに出したのは、もったいなかった気がします。

 

 

また、1軍の戦力になっているのは、3位の中谷と5位の荒木でしょう。

中谷はレギュラーを獲ったとまでは言えませんが、2017年には20本塁打。

荒木の場合は1軍と2軍を行ったり来たりですが、走力を生かしてある程度の結果は出しています。

 

Sponsored Link



 

活躍しなかった選手は?

活躍しなかった選手と言えば。

2位の一二三と4位の岩本でしょう。

 

2位の一二三は1軍での出場が1試合もなく2016年に引退。

全く、活躍できませんでした。

 

4位の岩本も、2016年に阪神を戦力外に。

その後、BCリーグ福井を経て2018年にオリックスに。

昨年、オリックスでは阪神時代以上に1軍の戦力として活躍しました。

岩本も、榎田同様、ちょっともったいなかった気がします。

 

 

また、育成の阪口は4年在籍しましたが1軍出場なしで引退。

3位の穴田も3年在籍しましたが1軍出場なく引退。

島本は現役ですが、2軍暮らしが長いです。

 

まとめ

 

2010年の阪神のドラフトを振り返ってみました。

本来なら、この年のドラフト指名選手は1軍でバリバリと活躍してないといけないんですが。

2019年現在、レギュラーを獲ったとまで言える選手は一人もいませんね。

 

 

榎田と岩本は他球団に。

一二三は引退。

中谷と荒木が2019年も阪神に在籍。

 

 

こう考えると、やはり、中心選手には全くなっていません。

そんな事が、2018年の最下位につながっているとも言えますし、2005年以来、優勝から遠ざかっている原因であるとも思われます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

阪神のドラフト 2009年を評価しました!10年経って思った事

 

Sponsored Link



-野球

執筆者:

関連記事

阪神 上本博紀の移籍先球団はどこ?巨人・広島・ヤクルトが有力?

出典:SponichiAnnexより引用     阪神タイガースの上本博紀選手が来季の戦力外構想である事が分かりました。   上本選手は阪神球団から引退後のポストを用意さ …

セ・リーグ新人王2019予想!ヤクルト村上と阪神近本のどっち?

  2019年のセ・リーグの新人王。今年は非常にレベルが高いですね。   ヤクルト・村上宗隆選手と阪神・近本光司選手の一騎打ち。同じ野手ですが、全くタイプの違う選手。比較の仕方が難 …

阪神の2019年のドラフトは高校生野手の大砲を獲得すべきか?

    2019年7月16日。 阪神タイガースは小野投手のサヨナラ押し出しで5連敗。 借金は「4」となってしまいました。     今シーズン、ここまでの戦いを振 …

阪神のドラフト 2009年を評価しました!10年経って思った事

    2019年1月11日。 2019年も10日余り過ぎました。 今回は、2009年の阪神タイガースのドラフトを振り返ってみたいと思います。   Sponsored L …

DAZNをヤクルトと広島が撤退した理由は巨人の放映権料が原因?

      プロ野球の全試合完全中継を売りにしている「DAZN」。2018年の昨年は巨人以外の11球団が入っていました。しかし、2019年、今年は巨人が入りましたが、ヤク …