関西エンタメ&スポーツの穴

関西を中心にエンタメやスポーツ情報を書いています。

高校野球

東邦・石川昂弥の守備位置の遍歴!プロ入り後のポジションは?

投稿日:2019年10月4日 更新日:

 

愛知・東邦高校の石川昂弥選手。今秋、2019年のドラフトでは1位指名が有力視されています。

 

石川選手は、なんと言っても打撃力が魅力。恵まれた体格を生かした豪快なバッティング。プロ入り後の活躍が期待されます。

 

その、石川選手ですが守備位置、ポジションはどこなんでしょうか?そして、プロ入り後はどこを守るのか?今回は、東邦高校の石川昂弥選手について書いて見たいと思います。

 

Sponsored Link



 

石川昂弥選手の高校時代の守備位置・ポジション

 

石川昂弥選手の守備位置、ポジション。石川選手は高校入学の1年生の時はショートを守っていました。

 

その後、ショートからサードに転向。そして、ピッチャーも兼任します。

 

最終学年の3年時は投手兼サード。そして、ドラフトを迎えました。

 

石川昂弥選手はプロ入り後も投手と野手の二刀流を継続するのか?

 

そして、気になるのがプロ入り後も投手と野手の二刀流を続けるのか?です。

 

基本的に、プロ野球では投手と野手の二刀流は成立しません。プロは厳しい世界ですから、どちらもやれる程、甘くはないのです。

 

二刀流といえば大谷翔平選手がいますが、彼は別格。遡ってみても、元オリックスの嘉勢敏弘選手が投手と外野手を少しやっていたくらいでしょう。

 

 

石川選手の場合ですが、二刀流に関しては本人が否定的です。高校でも「出来れば野手だけやりたい」という風に言っています。プロでも野手一本でやる考えです。

 

獲得するプロ側も石川選手を野手として見ています。本人も、そう考えていますし、プロ側も同じ考え。プロ入り後は野手一本になるのは確実です。

 

Sponsored Link



 

石川昂弥選手のプロ入り後の守備位置・ポジションは?

 

そして、プロ入りした後の石川昂弥選手の守備位置、ポジション。どこを守るのでしょうか?

 

プロ側の評価で多いのはサードでしょう。高校時代の本職ですし、石川選手は強肩。サードはうってつけだとも言われています。

 

また、サード以外ではファーストもあると思います。サードが出来る選手はファーストも出来ますからね。

 

 

ただ、高校入学時にやっていたショートは難しいと思います。プロのショートは、かなりの守備力と脚力、肩の強さが必要です。

 

石川選手は強肩なので肩は大丈夫かもしれません。しかし、プロのショートとなると・・・。

 

石川選手は打撃力が売りなので、打撃に負担をかけず、専念するためにもショートは無いと思います。もし、あるとすれば、ショートより負担の少ないセカンドでしょうか?

 

 

そんな事から、石川選手のプロ入り後のポジションはサードだと思います。チーム事情によってはファーストもあるかも知れません。

 

終わりに

 

東邦高校の石川昂弥選手の守備位置、ポジションについて書いてみました。

 

ドラフトは、まだ終わっていませんが、プロ入り後は高校時代の本職、サードでやっていくでしょう。投手と野手の二刀流が無いのは確実です。

 

ー追記ー

石川昴弥選手は中日ドラゴンズにドラフト1位指名されました。

中日では投手はやらず、野手一本でやっていくようです。

 

Sponsored Link



-高校野球

執筆者:

関連記事

浦和学院 佐野涼弥投手の動画!高校の先輩でプロ野球選手は?

      2018年7月22日。 MBSラジオ「ベースボールパーク」を聴きました。 今は高校野球の話が多くなる季節です。 今回は、その中で、甲子園出場を決めた浦和学院の …

星稜高校は甲子園で過去に優勝経験はある?最高順位と成績一覧は?

    2019年8月。夏の甲子園が始まりましたね。出場校の中で優勝候補に挙げられているのが石川・星稜高校。エース奥川恭伸投手と女房役の捕手・山瀬慎之助選手の最強バッテリーを擁する …

紅林弘太郎(駿河総合)のドラフト指名予想!守備位置とポジションも

  紅林弘太郎(駿河総合)のドラフト指名予想!   紅林弘太郎選手は打撃力が魅力の大型ショートです。恵まれた体格を生かした長打力のが売りの選手です。   身長が186cm …

明石商業高校は甲子園で過去に優勝はある?最高順位と成績一覧は?

    令和元年の夏の甲子園。兵庫県代表は明石商業高校。初戦では強豪の埼玉・花咲徳栄高校に見事勝利。明石商業高校は優勝候補にも挙げられており、次戦以降が期待されます。   …

高校四天王 2019 は誰がいる?ドラフトとプロでの活躍を予想

    「高校四天王2019」は星稜・奥川、大船渡・佐々木、横浜・及川、創志学園・西   「高校四天王2019」。4人の選手は次のようになっています。   奥川 …