ゴルフ技術

いまさら聞けない!ゴルフ左右の壁とは?

投稿日:2017年10月27日 更新日:

 

 

 

今回は、前回、左手で練習方法の良さをご説明しましたが
今回は右壁、左壁の練習方法。
それの、どうしてそれがいいのかという
コメントの回答をしたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link



 

 

 

まずゴルフで「壁をしっかりしなさい」というようなことを
聞いたことはありませんか?

体がスウェーしてしまうから、体が開いてしまうから、とか
壁を意識した方がいいよ、とかって言われたことはありませんか?

では壁とは一体どういうことなんですか?

ということなんですが、
私の中の練習方法として
壁というのは、作る・体感できる練習方法は、
左足、前に出します。その先端にボールを置きます。
ボールに届くところで右足は真後ろに引きます。
その、ここにできたシワ。これがインパクトです。

これは、要はボールが当たった後のインパクト後のここ。
これが壁。左壁。
逆に、右足を前にしてテイクバックを上げた
ここにできる溝がシワ、これがトップの時の体重が乗る場所。
左の時はここに乗った時がインパクト、壁になります。

ですから、スライスの球を打ってしまう方、
腰が早くて明治の大砲になってしまう方というのは
ここにシワができません。
テイクバックは出来たとしても
腰が開いてしまったり、引けてしまう人は
ここにさっきのようなシワが寄りません。

Sponsored Link



 

 

じゃあ、そのシワは体感しないと
自分がここに入ってるのか入ってないのか
どこに力が入っているのか力が入っていないのかがわからないので
そのために、左足に置いて練習します。

もうこの時点で、インパクトの必要なシワはできています。
そうすると、その時既にボールを素振りにします。
これで素振りをすると、どこに一番負荷がかかると思いますか?
左のおしりとここに負荷がかかると思います。
でもこれは、人それぞれ違うので、
素振りをしてどこに負荷がかかってるのか
自分でご確認ください。

そうするとこれで、ここ。ここ。の時にできるシワがインパクトです。
ですので、このまま球を打った時のインパクトにするには
前足は膝と足は90度曲げて、そこに足が後ろにつきます。
そして、横から見るとこういう感じですね。
そうすると、ある程度ちょっと前体重になって
もうこの時点で左のお尻に圧力がかかります。

その状態で、ハーフショット。
上がるところまででいいですよ。
無理にフルショットする必要はありません。
ボールはつま先の前、そしてここで打ってあげる。
かなりきついんですけどね。
その股関節に乗るイメージ。

そうすると壁というのはつくれます。
そうすると、左の壁が
自分でここに力が入らなくちゃいけないんだと思うはずです。

ですのでこれも、右ももちろん同様
同じ練習をしてもらって、
どこに負荷がかかっているのか
どこに力が入っているのかをご確認して
そして、両足を開いて普通に打つ時も
その、入っているかどうか確認しながら打ってみてください。

練習で体感できていれば、
自分ができているかできていないかの確認は
出来ると思いますので、
その練習方法をやってみてください。

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知っておくべきゴルフのスライスの直し方と練習方法

      今回は、フェースではなく、スライスが出てしまう疑問に対して、これが原因ではないかな、という点が二つあったと思います。 その、自分のスライスになってしまう原因を …

ゴルフ100切り!スコア100を卒業する100以上の方限定動画

    今回は100を切りたいけど、なかなか100が切れないという皆様に、どうして100が切れないのかご説明したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください   …

判明!ダフリを防止する方法

        今日は前回に質問いただいたダフってしまうという4つのポイントの練習方法です。     Sponsored Link &nbs …

判明!ゴルフ グリーンまでの中途半端な距離攻略法

    今回は、グリーンまでの距離が100ヤード、 例えば、皆さんのピッチングの距離はだいたいどのくらい飛びますか?   私はだいたいピッチングウエッジで110ヤードなの …

判明!ゴルフのシャンクの原因と一発で脱却出来る2つの直し方

    こんにちは。 右手のゴルフのカタヤマアキラです。 今日は、“コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方”、すぐ直ってしまう方法を皆さんにご紹介したいと思います。 &nb …

アーカイブ

検索