ゴルフ技術

ゴルフ強風対策 風が強い時の打ち方

投稿日:2017年10月25日 更新日:

 

今回は風が強い時の打ち方です。
基本的に、前回やったディボットとセカンドなどは
打ち方はあまり変わりませんが、ドライバーの時
少しお話しさせて頂きたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

Sponsored Link



 

 

まず風には、一番影響されるのはアゲンストとフォロー
追い風と向かい風です。
左右の風の場合は、風に喧嘩して打つとか
風とお友達になって打つのか、これしかないので
ドロー、フェードの打ち分けになります。

ただ、フォローとアゲンストの場合、一番違うところがあります。
それは、アゲンスト・向かい風の時には
テイクバック、上げたときに
本当ならアゲンストだから、行きやすいのですが
タイミングが早くなりがちです。
左手で上げるのを忘れて、右手で上げがちになります。
ですから、タイミングが一番狂うのはアゲンストの時。

フォローの時は、球が飛んで行ってくれるので
結構力を抜いて打ってるお客様が多いのですが、
アゲンストの場合は大体力が入ってしまって
失敗するケースが多いです。

ですから、アゲンストの場合は
ゆっくりちゃんと一番最初に頭に浮かべることは
左手で上げること。タイミングが速くならないように
左手で上げることがポイントです。
そして、球の高さ。これもティーで変えられます。
ティーをやはり短くすれば球は上がりにくくなる、
ティーを高くすれば球は上がりやすくなるので
ティーの高さで変えるというのも方法です。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

あと一つ変える方法は、ボールの位置。
これは先程お話ししたディボットと一緒ですが
ドライバーのヘッドを構える。
通常の所で構えばいつもの高さ。
少しロフトを立てて、
こうではないですよ。かぶせるんじゃないですよ。
今度はこっち。フェースをおいたらこっち。
トウを動かすんじゃなくて、ヘッドを置いたらこう。
ロフトを立てる。そして、ここに対して
左の内側股関節に入れてあげると
これまた必然的にボールが右にきます。

ですから、少しロフトを立ててあげる。
10度だったら9度。12度だったら11度。のように
少しフェースを立ててあげると、球は少し低くなりますので
ボールも右になるので、少し球が低く
出だしが出ていきますので
そのような形でアゲンスト、フォロー、風が強い時に
打ってあげるといいと思います。
ですから風の日も必ずアドレスでやはり調整して
風の日のラウンドを楽しんでみてください。

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!ダフリの4つの原因

    今日のご質問はこのAスタイルのアドレスをして振るのにダフってしまう。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponsore …

コースマネジメント アプローチ編

    こちらの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link 今回は、アプローチのマネジメントを少しお話したいと思います。 アプローチの場合に、私 …

ゴルフクラブ 正しいシャフトの選び方

      今回は、ゴルフクラブの選び方の中の「正しいシャフトの選び方」についてお話します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓  …

ゴルフのアプローチの目線はピンはダメ、落とし場所を見よ

    今回は、アプローチのスコアアップのコースマネジメントをしたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponso …

判明!最適なパット、パッティングスタイルの見つけ方

    朝ゴルフ場について、ストレッチが終わりましたら、次はパターの練習にいきますよね。 ここでパターの基本をしたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください …

カテゴリー

アーカイブ

検索