ゴルフ技術

ゴルフ 前上がり、前傾姿勢の時の打ち方と練習方法

投稿日:2017年10月19日 更新日:

 

今回は、セカンド地点に行った時、
ボールが前上がりのラインにあった
そんなときの打ち方をご説明します。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

Sponsored Link



 

 

前上がりにあった場合、
大概の人はクラブを短く持ち、
野球スイングのように横に振りますよね。

これはとっても正しいことです。
そこで一つポイントとして
覚えておいてほしいことがあります。

前上がりのラインを打った後
球がすごく左に行くなということを
感じたことはありませんか?

大概前上がりは左、前下がりは右に行くというのが
ゴルフの理論で本などを見ると書いてあることなんですが

では、それはいったいなぜでしょう。

前上がりのラインになると平らなところよりも
上体が起きます。
平らなところはこのように前傾しますが
前上がりの場合はこの前傾が少しまっすぐになりますよね。

そうすると、前傾してない分だけ
かかとが体重に乗りやすく
フェースが被ってしまうんです。
なので、球が左に行きやすいと言われています。

Sponsored Link



 

 

では、それを直すためにはどうしたらいいでしょう。

私がオススメするのは、
アドレスをした時に、左のかかとを少し浮かせます。

両足浮かしてもいいのですが、
両足だとふらついてしまうので
左足のかかとを靴の中で少し浮かします。
打つまでかかとをつけません。

そうすると、前傾のキープがかかとにできるため
かかとに体重が乗らない分、ヘッドが返ることが少なくなります。

ですので、前上がりの時は
少し左のかかとを浮かして打ってあげると
前傾姿勢が変わらないので、
あまり左に行くことがなくなります。

これは、雑誌などには載っていませんが、
もしコースに行って、前上がりのラインになった時、
左のかかとを靴の中で少しだけ浮かして
打ってみてください。

きっと、左にあまり行かないボールが打てると思います。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフのスタート前の練習方法

  では今回から、ティーショットに入っていきたいと思います。 ティーショットというか、コースに実践的に入っていきたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓  …

ゴルフ パットの基本(距離の基準)

      今回は、コースのグリーンの・・・グリーンに乗ったとき、パターの・・・をどう打つのか、どう読むのか、をご説明したいと思います。     &n …

高速グリーンの攻略法

    みわことまいこの目指せ80台。 今回は、前回、まいちゃんがコースに行きました。 コースに行って、パターがあまりよろしくなかった。   コチラの動画も合わせてご覧く …

判明!ゴルフのシャンクの原因と治し方

    ゴルフをしていく上で必ず当たる壁があります。 それは、シャンクです。 基本的にはシャンクとナイスショックは紙一重と言われていますが、ではシャンクとはいったいどのようなことを …

ゴルフで林の下しか通せる場所がない時の脱出法

    今回は、Tショットから打った球が、セカンド地点、ホールに行ってみたら、林の中で高いボール、いつもの高いボールが打てない。下しか出せないというラインの場合に打つ、打ち方をした …

カテゴリー

アーカイブ

検索