ゴルフ技術

即可能!5分で出来るゴルフのストレッチ&股割り

投稿日:2017年10月17日 更新日:

 

 

今回は練習場がないコースでのストレッチ方法をお教えいたします。

 

コースによっては、ドライビングレンジがない場合もありますし、

たまたま道が混んでいて、コースに着くのが少し遅れてしまったりしたときに、

5分ほどでできるストレッチを紹介したいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link



 

 

ストレッチができる場所は、どこでも構いません。

 

お風呂場でも、ロッカーでも、バッティンググリーンの周りでも、どこでも構いません。

 

少しだけ、体の股関節や可動域をほぐすことで、朝一のショットからナイスショットが出る、とその日のコースのスコアが決まるような気がします。

 

では、下半身のストレッチになります。

 

下半身のストレッチは、まずけが防止のために、練習場と同じように、

足首のストレッチ、

ふくらはぎのストレッチをします。

 

で、練習場でも言ったように、

股割りはとても効果的ですので、股割りは必ずしてください。

 

その時に肩も一緒に前後左右に振ると背中の肩甲骨のあたりの可動域が緩みます。

 

Sponsored Link



 

 

そして、上半身。

 

練習場では、クラブがありましたが、ロッカーなどではクラブがありません。

 

その時に有効的なのは、手をまず組み、頭の上に、伸ばす。

 

そうすると、背骨がとても伸びます。

 

そして、この手を、次は、手のひらを上に向けます。

 

そうすると、脇の下、ここの筋肉が伸びます

 

このまま、次に左右に振ってください。

 

そうすると、横の筋肉が伸びます。

 

次に、組んだ腕を後ろに持っていきます。

 

この後ろの手を、上に持っていくことで、後ろの肩甲骨の可動域が広がります。

 

で、このまま、腕を上げると、

今度は、肩と前の筋肉が緩みます。

 

ゴルフでは、私のように体が硬い方、たくさんいたとしても、

股関節や肩関節、肩甲骨の可動域が柔らかければ、

飛距離アップも望めますし、けがも少なく、ゴルフが楽しめると思います。

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知っておくべきゴルフ強風対策!風が強い時の打ち方

  今回は風が強い時の打ち方です。 基本的に、前回やったディボットとセカンドなどは 打ち方はあまり変わりませんが、ドライバーの時 少しお話しさせて頂きたいと思います。   コチラの …

いまさら聞けない!ゴルフ左右の壁とは?

      今回は、前回、左手で練習方法の良さをご説明しましたが 今回は右壁、左壁の練習方法。 それの、どうしてそれがいいのかという コメントの回答をしたいと思います。 …

判明!バンカーの硬さによる打ち分け方

      今回は、バンカーの固いバンカーと柔らかいバンカーの打ち分け方です。       Sponsored Link   &n …

知っておくべきゴルフの雨の日対策!アドレスの注意点は?

        今回は、雨の日のアドレスでの注意点をお話ししたいと思います。     Sponsored Link   &nbsp …

判明!ゴルフの最適なパット 2つのスタイル

  今回は、パターのアドレス。 松山君タイプのアドレスを広くしたアドレスと、アドレスを狭くしたヘッドを使ったリッキータイプの2種類の基本アドレスをしたいと思います。   コチラの動 …

アーカイブ

検索