ゴルフ技術

判明!ゴルフ グリーンまでの中途半端な距離攻略法

投稿日:

 

 

今回は、グリーンまでの距離が100ヤード、

例えば、皆さんのピッチングの距離はだいたいどのくらい飛びますか?

 

私はだいたいピッチングウエッジで110ヤードなのですが、

距離が100ヤード残ってしまった、中途半端な距離が残ってしまった時、

その誤差をどう調節するか、をお話したいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

風も無風、コースもフラット、残り100ヤード。

 

ピッチングで110ヤード飛ぶ私は、ピッチングを持つか、その下のアプローチウエッジを持つか、まず悩みます。

 

しかし、アプローチウエッジは私の中で95ヤードまでしか飛びません。

 

その間の距離、例えば、もうちょっと長い距離でも、

140ヤードを8番で打つのか、7番で打つのか、悩むような距離って結構あると思うんです。

 

その時に、どの様に対処して打ったらいいのか、お話しします。

 

 

まず、中途半端な距離が残ってしまった時には、ピンのポジションをまず考えます。

 

そのピンのポジションが、ピンがグリーンの手前だったら、

私は少し大きめに打って、ピッチングウエッジを選びます。

 

逆に、ピンが奥で残り100ヤードだった場合には、

アプローチウエッジを選択します。

 

これは、まず、グリーンを捉えたい、というところが1つ。

 

そして、グリーンから、奥行きがない、ピンが奥だった場合には、

ピンよりもオーバーさせたくない、難しいアプローチが残りますので、

手前で、パターで寄せればいい、という考えから、短いアプローチウエッジを持ちますが、

逆に、ピンが手前だった場合、そこで、ぎりぎりのクラブを持った時、

グリーンの手前にアプローチを外してしまうと、グリーンエッジからピンまでの距離と、

エッジから自分のボールまでの距離、これが1対1、ないし、自分の球からエッジの方が遠い場合のアプローチの方が、難易度は難しくなります。

 

ですので、そういう時には、ピンの奥に少し、打ってもいいやという気持ちから、

クラブを選択します。

 

Sponsored Link



 

 

 

では、今回の場合、ピンは真ん中だった場合はどうでしょう。

 

ピンが真ん中だった場合は、やはり、ゴルフ場は、ピンの奥、グリーンの奥は危険がいっぱいなので、手前を選択しますが、

まず、クラブは選択できました。

 

例えば、ピッチングを持つと決めました。

そうした時に、少しでもピンの距離感に合わせて打ちたいですよね。

 

その時には、少し、クラブを、通常持っている場所よりも、1cmほど短く持ちます。

 

まず、この1cm短く持つことで、距離が3ヤードほど落ちます。

 

スイングは変えていません。

 

振り幅も変えず、グリップの位置を1cm変えただけで、だいたい3ヤードほど距離が落ちると思います。

 

しかし、昔、他のYouTubeでお話ししたように、

クラブを短く持つことが苦手な方もいらっしゃると思います。

 

そういう場合には、やはり、スイングの大きさで決めなくてはいけません。

 

その時に、私がお薦めするのは、

まず、セットアップは全て同じです。

 

ラインに対してヘッドを置き、グリップエンドを左股関節、

そしたら、左手で、トップまで上げます。

 

フルショットの時はここ、

しかし、ここを時計の9時3時、

9時3時のところに合わせます。

 

ハーフショットと言われるスイングです。

 

ハーフショットにすれば、ここにすれば、

距離がだいたい10ヤードくらい落ちます。

 

ただ、こればかりは、個人個人飛距離の落ち方は、幅がありますので、

練習場でフルショットを打ったり、

ハーフスイング、9時までの高さに上げたり、

自分の中で練習して、どのくらいの距離が落ちるのかは、

確認していただきたいと思います。

 

しかし、スイングで変える場合でも、

左手で上げることには変わりありません。

 

トップにフルショットする時でも左手、

ハーフショットを打つにも左手、

打ち方やアドレスには何ら変わりはありません。

 

ですから、自分の中で、

110ヤードがフルショットのトップだったとしたら、

100ヤードは肩のライン、

自分の中で肩のラインで、

実際には少し上がってますけど、

でも、自分の中で、ここ、って決めたところが一つあると、その中間の距離感も自分で合わせられるようになります。

 

ですので、練習場に行った時には、

フルショットだけではなく、

自分の中のハーフショットの練習もしてみたらいかがでしょうか。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いまさら聞けない!ゴルフ手袋、グローブの選び方

    今回は、グローブの選び方をお話したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link   &nb …

判明!バンカーの硬さによる打ち分け方

      今回は、バンカーの固いバンカーと柔らかいバンカーの打ち分け方です。       Sponsored Link   &n …

ゴルフ ドローボールとフェードボールの打ち方

  こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link  まず、ドローのアドレス編です。 皆さんはドローの打ち方、インサイドアウトで打つということは知ってい …

判明!ゴルフ体重移動の効果的な練習方法

    今回は、体重移動を誤解している方がとても多いので、体重移動とは何かというのをしてみたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ …

判明!ダフリの4つの原因

    今日のご質問はこのAスタイルのアドレスをして振るのにダフってしまう。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponsore …

アーカイブ

検索