ゴルフ技術

ゴルフ テイクバックとアドレス

投稿日:2017年8月12日 更新日:

 

 

今回は、横山三和子プロがテイクバックについて説明します。

 

 

こちらの動画も合わせてご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link



 

 

テイクバックを上げる時に、どこに上げたらいいのか考えたことはありませんか?

もしくは、どこが自分の上げる場所か考えたことはありませんか?

たぶん、経験者なら一度は考えた事があると思います。

では、自分の適正なテイクバックはどこなのか?

では、アドレスを取ります。

そして、左手一本でテイクバックをします。

ここで止めます。

その時に右手でシャフトを押してください。

もし、自分の力の入らない所に上げてしまうと、シャフトはグラついてしまいます。

こっちも、一緒です。

力が入りません。

そして、力の入るポイントは人によって必ずあるはずです。

その際のポイントは、体の左肩から一緒に腕を回してくださいということです。

左手一本で上げてしまうと、肘が曲がり力が入りません。

必ず、左の肩から腕を上げる。

そうすると、力の入る所が必ず見つかります。

見つかりましたか?

力の入る所。

そこが、その人に合ったテイクバックの道です。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

こちらの動画も合わせてご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

ゴルフ理論からお話しします。

ゴルフのポイントは4つです。

 

まず1つ目は、アドレスはローマ字の「A」であるです。

これは、アドレスを取った時に、自分のアドレスの態勢がローマ字の大文字の「A」であるということです。

そのアドレスの幅でスイングします。

 

2つ目は、アドレスで70%、球の行方は決まるということです。

ですから、70%の率で決まるということは、最もアドレスが重要であるということになります。

 

3つ目は、グリップの位置はアドレスした時、左股関節の内側だということです。

これは、ドライバーから全て、左股関節の内側です。

 

4つ目はクラブヘッドは常に自分に対してヘッドが先行する。

前傾姿勢のまま、常にヘッドが先行するいうことです。

この4つが、私のゴルフ理論です。

そこに骨格や体型や、日頃の癖や、可動域を基としたゴルフスイングを作っていきます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!ゴルフのラフからの打ち方

  今回はティーショットを打ちました。 しかし、打った球がラフに行ってしまいました。 そのラフの打ち方のポイントをお話しさせて頂きたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧く …

ゴルフ練習場での練習法!知っておくべき事とは?

    今回の外伝は、“練習場での練習方法”です。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓       Sponsor …

判明!ゴルフのユーティリティの打ち方

  コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓   Sponsored Link       ユーティリティの性能、ここ何年間かとても人気が出て …

ゴルフシューズの選び方

    今回はスパイクの選び方をしてみたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponsored Link &nbs …

判明!ゴルフでシングル一歩手前から進化するには

      今回は今ハンデが両手の方が一桁ハンデになりたくてもなれないと言う80台のお客様に必見です。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ …

カテゴリー

アーカイブ

検索