未分類

阪神 新外国人 ソラーテの打順は何番か考えました!

投稿日:

 

「阪神 緊急 外国人補強」。

2019年7月4日。

こんな見出しが、スポーツ紙等で飛び交いました。

 

 

というのも、2019年7月現在。

阪神タイガースは、なんとか、勝率5割をキープ。

 

 

しかし、投手陣は安定しているのですが、いかんせん、打線が・・・

点が取れない試合が多く、なかなか浮上のきっかけをつかめないでいます。

 

 

そこで、現状を打破するため、一発長打が打てる新外国人の補強に至りました。

そして、候補に挙がっているのが「ヤンハ―ビス・ソラーテ」内野手。

右投げ両打ちの内野手で、昨季までメジャーで5年連続二桁本塁打を打っているパワーヒッター。

阪神打線に欠けている「長打力」を秘めた助っ人です。

 

 

そこで、正式にソラーテが阪神に入団した場合、気になるのが「守備位置」と「打順」です。

前回の記事では「守備位置」について書きました。→阪神 新外国人 ソラーテの守備位置はどうなる?

今回は、もう一つの気になる点、「打順」についてかんがえてみようと思います。

 

ー追記ー
2019年7月7日。
ソラーテの阪神入団が正式に決まりました。

 

Sponsored Link



 

阪神 新外国人 ソラーテの打順は何番か考えました!

現在の阪神タイガースの打順

まず、現状の阪神タイガースの打順は次のような感じになっています。

 

1番 センター 近本

2番 セカンド 糸原

3番 ライト 糸井

4番 サード 大山

5番 ファースト マルテ

6番 キャッチャー 梅野

7番 レフト 高山

8番 ショート 木浪

9番 ピッチャー

 

大体、こんな感じになっています。

 

ソラーテは誰の代わりにスタメンに入るのか?

そして、先程書いた、現在の打順。

この中で、誰がソラーテと交代になるか?です。

前回の記事でも書きましたが、やはり、ソラーテと交代になるのはマルテでしょう。

 

 

ソラーテが内野手という事もあり、守るとしたらサードかファースト。

サードの大山は外せませんし、自動的にマルテがベンチに下がると思われます。

 

 

そもそも、マルテが長打力不足という事でのソラーテの緊急獲得。

マルテがベンチに下がるのは、仕方のないことだと思います。

 

Sponsored Link



 

最終的にソラーテの打順は?

マルテがベンチに下がり、「5番」が空きました。

そこに、ソラーテが入るのが自然な流れでしょう。

現状の阪神打線で、他に「5番」を打てそうな選手もいませんし。

 

 

大山は「4番」として育てていく方針ですから、4番は動かさないでしょう。

動かすとしたら、「3番」の糸井を「5番」に。

そして、ソラーテを「3番」にくらいでしょうか?

 

まとめ

阪神タイガースの新外国人「ソラーテ」の打順を考えてみました。

普通に行くと「5番」。

糸井を「5番」にした場合は「3番」。

こんな風に、考えました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

阪神 新外国人 ソラーテの背番号は?

阪神 新外国人 ソラーテのメジャーでの年度別過去成績は?

阪神 新外国人 ソラーテの守備位置はどうなる?

阪神の助っ人で史上最悪だったのは、この外国人だと思う!

阪神タイガースの最下位はいつ以来で回数は何回目なのか?

 

Sponsored Link



-未分類

執筆者:

関連記事

中田良弘解説者の過去成績!出身高校、大学はどこ?

      2018年10月3日。 ABCテレビ「おはよう朝日です」を観ました。 この日は、元阪神タイガースで、野球解説者の中田良弘さんが出演。 今回は野球解説者の中田良 …

no image

阪神が新外国人ソラーテを獲得したが誰が二軍に落ちるのか?

  阪神タイガースが緊急補強で新外国人・ソラーテを獲得しました。 貧打解消の救世主としての期待が高まります。     そこで、問題になっているのが外国人枠の問題です。 現 …

長居植物園のアクセス、駐車場、入園料は?

      2018年11月26日。 大阪府大阪市にある「長居植物園」に行ってきました。 長居植物園は長居公園内にある人気の植物園です。 今回は、その事について書いてみた …

巨人が人的補償で広島に長野を獲られた事について思ったこと

    いや~、ビックリしました! 2019年が始まりましたが、間違いなく一番にビックリした事件です。 1月7日、広島が丸の人的補償で巨人の長野を獲得。 これは、誰が予想出来たこと …

後の祭りは英語で何と言うの?意味、例文、類義語、対義語は?

    「後の祭り」。 とても、よく聞く「ことわざ」ですね。 使う機会が多い「ことわざ」。 今回は、「後の祭り」について書いてみたいと思います。   Sponsored …

カテゴリー

アーカイブ

検索