プロ野球選手の出身高校、大学、ドラフト順位

阪神 植田海の出身高校、大学、ドラフト順位は?

投稿日:2019年3月19日 更新日:

 

阪神タイガース、植田海内野手。

俊足が売りの若手内野手ですね。

近本が入団前の阪神では、チームで1番足が速いのが植田海、島田海吏、2番が江越大賀と言われていました。

近本が入ってからは、どうなったのかは定かではないですが・・・

植田は「赤星が内野手になって帰ってきた」と言われる「赤星2世」とも言われたことも。

そんな俊足が武器の選手です。

 

 

その植田選手ですが、高校はどこなんでしょうか?

そして、大学は?

また、ドラフトは何位だったんでしょうか?

今回は、阪神タイガースの植田海選手について書いてみたいと思います。

 

Sponsored Link



 

阪神 植田海の出身高校、大学、ドラフト順位は?

出身高校は?

まず、植田海選手の出身高校。

高校は山梨・日本航空高校に入学。

しかし、1年の2月に自主的に退学しています。

何があったんでしょうか?

理由は定かではありませんが、自分には合わなかったという事だったんでしょうか?

 

 

その後、地元である滋賀県の強豪校、近江高校に転校しています。

そして、3年夏には甲子園に出場。

3回戦まで進みました。

 

 

近江高校といえば、滋賀県の強豪校で、甲子園にも何回も出場していますね。

そして、プロ野球選手も多いです。

現役選手では、小熊凌祐(中日)、京山将弥(DeNA)がいます。

近江高校は、甲子園の常連ですから、今後、もっとプロ野球選手も増えていくことでしょう。

 

出身大学は?

次に、植田海選手の出身大学。

植田選手は高校卒業後、阪神に入団しています。

ですので、大学には行っていません。

 

Sponsored Link



 

ドラフト順位は?

最後に、植田選手のドラフト順位です。

ドラフトは5位。

この年、阪神は5人の選手を獲得していますので、一番下位の指名になります。

高校生の内野手ですので、将来性を買っての指名だったと思います。

 

 

また、植田選手の同期入団の阪神の選手は次の通りです。

 

1位 横山雄哉 投手 左投げ左打ち 山形中央高校→新日鉄住金鹿島

2位 石崎剛 投手 右投げ右打ち 茨城・三和高校→新日鉄住金鹿島

3位 江越大賀 外野手 右投げ右打ち 長崎・海星高校→駒澤大学

4位 守屋功輝 投手 倉敷工業高校→ホンダ鈴鹿

5位 植田海 内野手 日本航空高校(中退)→近江高校

 

 

5人が指名され、4シーズンが経ちました。

しかし、誰一人、レギュラー選手はいませんね。

植田選手が一番活躍しているといえるでしょうか。

 

まとめ

阪神タイガースの植田海選手について書いてみました。

 

高校は近江高校。

大学は行っていない。

ドラフトは5位。

 

でした。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

阪神 坂本誠志郎の出身高校、大学、ドラフト順位は?

阪神 板山祐太郎の出身高校、大学、ドラフト順位は?

阪神 望月惇志の出身高校、大学、ドラフト順位は?

 

Sponsored Link



-プロ野球選手の出身高校、大学、ドラフト順位

執筆者:

関連記事

no image

阪神 岩崎優の出身高校、大学、ドラフト順位は?

  阪神タイガース、岩崎優投手。 チームでは、貴重な中継ぎ左腕として貢献は大だと思います。 ちなみに、名字は「イワサキ」さんではなく「イワザキ」さん。 「イワサキ」さんが多いので、なかなか、 …

no image

巨人 戸郷翔征の出身高校、大学、ドラフト順位は?

  読売ジャイアンツ、戸郷翔征投手。 2019年の新人投手です。     身長が185cmもあり、速球の最速は149㎞。 プロ入り後は、どこまで成長するか、非常に楽しみな …

no image

阪神 糸原健斗の出身高校、大学、ドラフト順位は?

  阪神タイガースの糸原健斗内野手。 2019年の開幕を控え、阪神の生え抜きの若手選手では、唯一、レギュラー選手かな?と思える存在です。 まだ、完全にレギュラーを獲ったとまでは言えませんが・ …

no image

巨人 増田陸の出身高校、大学、ドラフト順位は?

  読売ジャイアンツの2019年のルーキー、増田陸選手。 走攻守3拍子揃った好選手としてドラフト指名されました。 特に、打撃、長打力が光る選手との評価。 今後、巨人を背負っていける選手になれ …

no image

巨人 山下航汰の出身高校、大学、ドラフト順位は?

  読売ジャイアンツ、山下航汰外野手。 2019年の新人選手です。     山下選手で一番思ったのが、ドラフトの順位。 評価の高い選手であったはずなのに、ドラフトでは育成 …

カテゴリー

アーカイブ

検索