関西エンタメ&スポーツの穴

関西を中心にエンタメやスポーツ情報を書いています。

野球

西武のドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

投稿日:2019年2月2日 更新日:

 

 

西武ライオンズ。

選手の育成が上手な球団ということを、先日、書きました。

 

西武のドラフト2009年を評価しました!10年経って思った事

 

2009年は菊池雄星を獲得し、その後も大活躍。

今回は2010年の西武ライオンズのドラフトはどうだったのか?を振り返ってみたい思います。

 

Sponsored Link



 

西武のドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

西武ライオンズ 2010年 ドラフト指名選手

1位 大石達也 投手 右投げ左打ち 福岡大大濠高校→早稲田大学

2位 牧田和久 投手 右投げ右打ち 静清工高校→平成国際大学→日本通運

3位 秋山翔吾 外野手 右投げ左打ち 横浜創学館高校→八戸大学

4位 前川恭兵 投手 右投げ右打ち 阪南大高校

5位 林崎遼 内野手 右投げ右打ち 東洋大姫路高校→東洋大学

6位 熊代聖人 外野手 右投げ右打ち 今治西高校→日産自動車→王子製紙

 

活躍した選手は?

秋山翔吾

一番は、秋山でしょう。

ドラフト3位ながら、今や日本を代表する外野手に。

最多安打、首位打者、ゴールデングラブ、ベストナインなど、数々のタイトルを獲る選手に成長。

将来的にはメジャー挑戦もあるかもしれません。

 

牧田和久

牧田も大活躍です。

先発も抑えも両方で大活躍。

日本代表にも選ばれ、2018年からはメジャーに。

非常に貢献度が高いです。

 

大石達也

ドラフト1位で入団。

1位の活躍はしたのか?と言えば、そこまでは言えないかもしれません。

しかし、1軍の戦力になっていると思います。

 

熊代聖人

ドラフト6位。

2010年の西武のドラフトでは、一番の下位指名。

しかし、入団1年目から81試合に出場。

2年目は109試合、3年目は104試合。

ここ数年は出場機会が減っていますが、1軍の戦力にはなっていると思います。

 

Sponsored Link



 

活躍しなかった選手は?

前川恭兵

在籍5年。

1軍での出場は全くなし。

2015年限りで引退しました。

 

林崎遼

在籍5年。

1軍での出場は通算55試合。

2015年限りで引退しました。

 

まとめ

 

 

西武ライオンズの2010年のドラフトを振り返ってみました。

この年は、野手では秋山、投手では牧田を獲得しました。

この二人が大活躍。

牧田は既にメジャーに。

秋山も将来的にメジャーも狙える選手に。

それくらいのレベルの選手を二人もいるなんて。

西武の育成上手が伺えます。

しかも、二人とも、バリバリのドラフト1位選手ではないですからね。

 

 

そして、1位の大石、6位の熊代も1軍の戦力に。

こう考えると、この年のドラフトは大成功だったと言えます。

点数を付けるとすれば100点満点ではないでしょうか?

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

西武のドラフト2009年を評価しました!10年経って思った事

日本ハムのドラフト2010年を評価しました!9年経って思った事

日本ハムのドラフト2011年を評価しました!8年経って思った事

 

Sponsored Link



-野球

執筆者:

関連記事

阪神タイガース開幕スタメン2019年を予想しました!

    2018年12月20日。 今年も残りわずかになってきました。     プロ野球も、阪神タイガースが着々と補強を行っています。 FAではオリックスの西投手 …

名球会の入会基準とは?ホームランや投手の成績に見直しは必要か?

    2018年6月23日。 MBSラジオ「ベースボールパーク」を聴きました。 本日の試合は阪神vs広島でした。     試合には阪神の鳥谷選手もスタメン出場 …

阪神タイガース戦力外予想2018年-2019年!野手は誰が?

    前回の記事で、2018年オフの阪神タイガースの戦力外予想をしました。   阪神タイガース戦力外予想!2018年ー2019年 投手は誰が?   前回は投手 …

阪神 新外国人 ソラーテの出身国・言語・年棒は?

    2019年7月9日。 阪神タイガースは昨日に続き、宿敵巨人に1点差負け。 得点力不足が嘆かれます。     そこで、阪神タイガースが先日、緊急獲得した新 …

ヤクルト 山田哲人の年俸推移を年度別成績と照らし合わせて考察!

    ヤクルトスワローズの山田哲人内野手。   トリプルスリーも3回達成し、今や、ヤクルトのみならず日本を代表する選手に成長しました。   そして、それにつれ …