ゴルフ技術

判明!ゴルフのシャンクの原因と治し方

投稿日:2017年10月2日 更新日:

 

 

ゴルフをしていく上で必ず当たる壁があります。

それは、シャンクです。

基本的にはシャンクとナイスショックは紙一重と言われていますが、ではシャンクとはいったいどのようなことを言うのでしょう。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link



 

 

シャンクとはクラブのこのネックの部分、グースの部分。

この部分に球が当たって斜め右45度に飛んでいく。

このような球のことです。

基本的にアプローチでなる方が多いのですが、私の経験上グリーンを半周してしまったなんて方も多数います。

では、このシャンクというのはどうしてなるのでしょうか。

シャンクは、基本的にここのヒール。

ヒールネックの部分にボールが当たることを言います。

このシャンクが出来る原因としては1つは、打っているときにアウトサイドに上がって、ここから落ちてくる。

芯ではなくヒールにあたってしまうというのが1点ですが、ほぼほぼの原因は前にも説明しました。

クラブを置いてグリップエンドは左の股関節というのがアプローチの構えのセオリーなんですが、ここからグリップエンドをたいがいの方、シャンクする方はこうなってます。

身体から離れてる。

この離れてることによって、グリップのアドレスはここなのに、グリップがここにあることで打ってきたときにここにグリップが来るんです。

 

 

Sponsored Link



 

 

そうすると、ヘッドが開いてここに当たるしかないように降りてくるんです。

シャンクが出る原因のおおよそが、アドレスした際に自分からシャンクを打ちますというアドレスを取ってるのが原因です。

グリップが先に出ていればここからインパクトを迎えるいいところに戻ってくることはありません。

最初にアドレスしたところに戻ってくるので、手が身体から離れてるのでヒールに当たり、右に飛んでいきます。

シャンクが出てお困りの方は、今一度ヘッドをボールにセットし、グリップエンドは必ず自分の左の股関節の内側。

決して出さない。

出さないですよ。

そして、もし出しているとここの懐が狭い人は、オープンにしてもいい。

オープンにすればあまり身体から出ることはないですから、でもいいですしそうすると、身体が開いてしまう原因もあるので、シャンクが出る人は必ず基本に戻って身体はオープンしない。

そしてヘッドを合わせる。

グリップの位置に自分左股関節の内側に来るように、アドレスをしてください。

決してこうしない。

逆に例えば、ハンドレイト。

グリップが内側に来た場合は、シャンクはほとんど出ません。

その代わりダフります。

今のは当たりましたけど。

逆にハンドレイトになってる方が、今のようにダフってしまう。

シャンクはでません。

左側にグリップが出れば出るほど、シャンクの原因に繋がりますので、今一度グリップエンド必ず左にあるかどうかの確認をしてください。

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフ100切り!スコア100を卒業する100以上の方限定動画

    今回は100を切りたいけど、なかなか100が切れないという皆様に、どうして100が切れないのかご説明したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください   …

コースマネジメント パター編

    今回はグリーンに乗ったとき、どのようにマネジメントを考えていくかをお話したいと思います。     こちらの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓  …

知っておくべきゴルフで右に逸れるミスを防ぐ方法

    先程、右に行く原因として、ヘッドが振り遅れてフリップが先に行くって言いました。 実際、まいちゃんのスイングは、アドレスしてインパクトまで腰もちゃんと前を向いていて、ちゃんと …

知っておくべきスタート前のバンカー練習!柔らかい土の場合

    はい。では今回は、“柔らかいバンカー編”。 同じバンカーなんで、ちょっと下が固かったので、砂を寄せ集めて、下は固いんですけど、柔らかいと仮定して、ちょっとやりたいと思います …

判明!クロスバンカーからの打ち方

    今回はクロスバンカーのミスしない打ち方をご説明したいと思います。     コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Spo …

アーカイブ

検索