ゴルフ技術

判明!最適なパット、パッティングスタイルの見つけ方

投稿日:2017年9月29日 更新日:

 

 

朝ゴルフ場について、ストレッチが終わりましたら、次はパターの練習にいきますよね。

ここでパターの基本をしたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link



 

 

 

 

パターには2通りのスイングスタイルがあると思ってください。

パターの2つのパターンというのは、1つはアドレスを広く取り、身体の軸を作った肩でストロークする松山君タイプのパターの打ち方。

ヘッドを利かせたリッキー・ファウラ―タイプの2種類があると思います。

たいがいの方はアドレスと肩とヘッド全てごちゃごちゃになり、全部を一緒にやってしまう方が多いです。

ですので、自分に合ったアドレス方法、自分に合ったグリップ方法、以前YouTubeでアップしたと思いますが、自分にあったアドレス、グリップを使って自分に合ったパタースタイルを見つけてほしいと思います。

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

1番目のアドレスを広くして身体の軸で肩を回して打つタイプ、この打ち方が合う方はアドレスの足幅編で、アドレスした時足幅が広い方。

ペットボトルを手首を固定して身体で飲む方、こういう方は松山君タイプのアドレスを広くして肩でストロークする方法が良いと思います。

そして、アドレスを狭くしたヘッドを使うタイプ。

このスイングに適した方はアドレス幅がそんなに広くなく、ペットボトルをペットボトルを動かして飲む方にお勧めです。

パターというのは、ショットと違って力がいりませんが、その変わり繊細なタッチが必要となります。

パターで一番大事なのは自分の狙ったラインにボールを純回転で通すことができるのか。

それが一番大事です。

ですので、どちらのスタイルで打とうとも、ラインに乗る、乗りやすいアドレスで構えてほしいと思います。

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!ゴルフのラフからの打ち方

  今回はティーショットを打ちました。 しかし、打った球がラフに行ってしまいました。 そのラフの打ち方のポイントをお話しさせて頂きたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧く …

判明!ゴルフのシャンクの原因と治し方

    ゴルフをしていく上で必ず当たる壁があります。 それは、シャンクです。 基本的にはシャンクとナイスショックは紙一重と言われていますが、ではシャンクとはいったいどのようなことを …

ゴルフのパター 3パット「しない」「させない」「許さない」

      今回はパターで3パットをしないようにする方法をお話しします。         Sponsored Link &nbsp …

判明!ゴルフ 左足上がり(前方上がり)の打ち方と練習方法

    今回は左足上がりのライの打ち方です。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓       Sponsored …

判明!フェアウェイウッドの打ち方

        今回は、フェアウェイウッドの打ち方が分からない、どういう風にしたら打てるのかとご質問がございましたので、それについてお答えしたいと思います。 ま …

カテゴリー

アーカイブ

検索