ゴルフ技術

判明!ゴルフの最適なパット 2つのスタイル

投稿日:2017年9月28日 更新日:

 

今回は、パターのアドレス。

松山君タイプのアドレスを広くしたアドレスと、アドレスを狭くしたヘッドを使ったリッキータイプの2種類の基本アドレスをしたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link



 

 

1つ目の、アドレスを広くして肩でストロークするタイプのアドレスの基本です。

アドレスは、自分の幅より広く構えた方が楽な方は、松山君タイプ。

アドレスをします。

ここで大事なのは軸をどこで取るかです。

身体が軸になります。

脇を締め、手首は固定し身体の中心軸から肩を回してストロークをします。

その際、足幅を広くしたとき、軸をどう作ればいいのか、これは何通りかありますが、1つはおしりを動かさない。

テレビで見てもらうと、後姿が出ると思うんですがおしりは全く動いていません。

たいがいの人はおしりが動いてしまうと、上も動いてしまいます。芯に当たらなく、自分の思ったところにボールが飛ばせなくなります。

まず1つはおしりを動かさないイメージ。

次に幅を意識します。

この幅を動かさない。

そして、このおへそのところ。

おへその下にコアという軸がありますが、この軸を少し力を入れてお腹をへこます感じかな。

軸に力を入れてストロークする。

これがとても大事だと思います。

アドレスが広い、ストロークをする方は、必ずこの軸が動かないよう、肩でストロークできるように心がけてください。

 

 

Sponsored Link



アドレスの狭いヘッドを使うスタイルの場合です。

アドレスは狭く、肩ではストロークしません。

グリップのここの範囲で、軸を作ります。

グリップに軸を作るということは、私の場合はここに力を入れています。

ですので、ここに軸が出来ます。

ここからヘッドが動く。

ここから軸がヘッドが動いているのがわかりますか。

他にも左手の親指と人差し指に力を入れると、ここに軸が出来ます。

ですので、ここを軸としてヘッドが動く。

わかりますかね。

もしくは、右手の親指と人差し指に力を入れる。

ここを支点にヘッドが動く。

このように自分の手のどこかに力を入れてそこに接したグリップの場所に力を入れ、軸としてそこからヘッドを動かしてあげる打ち方。

そうすると、アドレスも狭いですが、テイクバックも最小限のふり幅でパターを振ることが出来ます。

ふり幅が狭いということはミート率も上がりやすいということですので、小さなふり幅で芯にミートし、自分の狙ったところに打ち出せる、打ち出しやすいということになります。

アドレスが狭い方は、どこかクラブに軸を作ってそこからヘッドを動かしてあげる打ち方。

この2種類の打ち方があると思います。ですので自分でどちらが合うのかお試しいただいて、いい方を選んで頂きたいと思います。

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

即実践!ゴルフのアプローチの目線はピンはダメ、落とし場所を見よ

    今回は、アプローチのスコアアップのコースマネジメントをしたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponso …

いまさら聞けない!ゴルフ「フライヤー」とは?

    今回は、フライヤーのご質問がありました。   まず、フライヤーとは何でしょうか。   フライヤーとは、これから、春先から夏、ラフが伸びてきています。 & …

判明!ゴルフのラフからの打ち方

  今回はティーショットを打ちました。 しかし、打った球がラフに行ってしまいました。 そのラフの打ち方のポイントをお話しさせて頂きたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧く …

判明!ゴルフ 前上がり(前傾姿勢)の時の打ち方と練習方法

  今回は、セカンド地点に行った時、 ボールが前上がりのラインにあった そんなときの打ち方をご説明します。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ &nbsp …

必見!ゴルフのアイアンでボールが上がらないを脱却

    今回はお客様より アイアンの球が上がらない。 というご相談を受けました。 その疑問についてお答えします。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ …

アーカイブ

検索