ゴルフ技術

判明!ゴルフでシングル一歩手前から進化するには

投稿日:2017年9月22日 更新日:

 

 

 

今回は今ハンデが両手の方が一桁ハンデになりたくてもなれないと言う80台のお客様に必見です。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link



 

 

まず、80台から70台にするためには基本、片方が30台、39、39位で回らなければなりません。

それはもちろん、それだけ80台で回れる腕ですから、ドライバーもセカンドもアプローチもパターもそこそこ上手だと思います。

しかしここぞと言う時に70台が出ない理由は、セカンドのアイアンショットだと思います。

もちろんパターも必要なんですが、やはり決め手はセカンドがいかにグリーンに乗るか、セカンドがいかにピンに近づけて打てるかがキーワードだと思っています。

例えば、セカンドをグリーンを外してアプローチをしてパターでワンパットでパーはパーです。

しかしそのパーとセカンドがグリーンに乗り、バーディーチャンスを外してのパーだとしたら気持ち的にも確率的にもパーの重みというのは変わります。

もちろんスコアではパーはパーなんですが、やはりセカンドが乗ってツーパットのパーの方が、バーディーチャンスの確率も高くなりますしそこら辺で80台に行くのか70台に行くのかの境目が決まると思います。

もちろん私たちもアプローチを寄せてパーは取らなくてはなりませんが、私たちの場合はバーディーを取らなくてはいけない職業だと思っています。

そのバーディーを取るためには、セカンドの距離感。

そしてバーディーパットが決められるかの境目が大事だと思っています。

ですから80台から70台、シングルプレイヤーさんになるためには、このセカンドのアイアンショットが別になると思います。

ですからセカンドで大事なことの1つ目はそのセカンドのラインの通りにアドレスができるのか、そして風ですね。

風だったり、クラブ選択ができているのか。

そこがポイントになってきます。

もちろん、80台で回れる方はアドレスもちゃんと取れているとは思いますが、基本であるフェイスを合わせて左の股関節に合わせたラインに対してここから前上がりの場合前下がりの場合、左下りの場合左下上がりの場合、これを傾斜通りに立てるかというのがポイントになってきます。

ですのでセカンドの時はすべてをピンに狙うのではなく、ゴルフは確率のスポーツだと思いますのでどこに乗せれば1番バーディーチャンスになるのかどこに乗せれば危険ではないセ―フティーゾーンにボールが打てるのかを考えてセカンド打っていただきたいと思います。

 

 

Sponsored Link



 

 

セカンドの基本のアドレスだけもう一度やってみたいと思います。

ターゲットラインに対してヘッドを左股関節に合わせる。

そしてそこからドローのアドレスで打つのかフェイドで打つのかまず決めて平らな時はそのまま打つ。

そして前上がりだった場合には前上がりの分だけクラブを短く持ち、なるべく前後前上がりは前後の動きがありますので前後動かないようにちゃんと足の裏で体重配分を図りながら成形を崩さないように打つ。

左前足下がりの場合は膝のライン、膝の高さを変えないで打つ。

左足上がりのときには体が左にならないように傾斜なりにちゃんと立つ。左足下がりのときには傾斜にちゃんと合わせて打つ。これも基本から応用したものをちゃんと頭に入れて決め球をして打ってあげればセカンドのパーオン率が上がれば70台の壁はすぐに破れると思います。

練習は左手1本の片手打ち。

9番アイアンでの片手打ちの練習。

ちゃんとコースに出たらコースなりに球を打つ。

セカンドショットで大事なのは距離感ですから、まず距離感を1番に考えてコースを回っていってください。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

高速グリーンの攻略法

    みわことまいこの目指せ80台。 今回は、前回、まいちゃんがコースに行きました。 コースに行って、パターがあまりよろしくなかった。   コチラの動画も合わせてご覧く …

ゴルフ パットの基本(距離の基準)

      今回は、コースのグリーンの・・・グリーンに乗ったとき、パターの・・・をどう打つのか、どう読むのか、をご説明したいと思います。     &n …

判明!クロスバンカーからの打ち方

    今回はクロスバンカーのミスしない打ち方をご説明したいと思います。     コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Spo …

ゴルフのダフリが発生する4つの原因

    ダフリが発生する4つの原因。 今日の疑問は、このA体のアドレスをするのにダフってしまう。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ &nbsp …

パターの距離感をつかむコツと練習方法

    今回は、朝パター練習場での練習法をお教えしたいと思います。     Sponsored Link     コチラの動画も合わせてご覧 …

カテゴリー

アーカイブ

検索