こんな方法があったんだ

駐車場の「最大料金24時間を過ぎた後の料金」の計算方法!

投稿日:

 

 

コインパーキングの駐車場を利用する人って多いですよね。

私も、よく利用します。

しかし、料金計算って、けっこう分からなかったり・・・

停める駐車場によって、計算方法が違ったりしますから。

その中でも「最大料金24時間」というのが分かりにくかったりします。

今回は、その事について書いてみたいと思います。

 

Sponsored Link



 

「最大料金24時間」の意味とは?

 

まず、「最大料金24時間」の意味です。

これは「駐車してから24時間以内であれば、最大、この金額で済みますよ」という事。

上の画像では「24時間以内であれば400円で済む」という事になります。

 

 

「30分100円」ですから、「1時間で200円」、「2時間で400円」です。

「2時間以上停めると、24時間までは400円になる」ということ。

これは、理解しやすいと思います。

 

「最大料金24時間を過ぎた後の料金」の計算方法!

「最大料金24時間」の意味は理解できたかと思いますが、分かりにくいのが「最大料金24時間を過ぎた後の料金」です。

これは、その駐車場によって異なってきます。

下の画像を見てください。

 

 

この駐車場では「24時間最大600円」になっています。

「24時間までは600円で済む」ということです。

 

 

しかし、問題は「24時間を過ぎた後」。

この駐車場の場合は「24時間を過ぎた場合は通常料金」に戻ります。

ですので「80分200円」になります。

「24時間までは600円」ですが、それ以降は通常料金。

仮に、40時間停めた場合を計算してみます。

 

24時間までは「600円」

残りの16時間は960分

960分÷80分=12

12×200円=2400円

600円+2400円=3000円

 

となります。

ですので、40時間停めた場合は「3000円」かかることになります。

けっこうな金額ですね。

 

Sponsored Link



 

 

次に、下の画像を見てください。

 

 

この駐車場は「24時間毎 最大600円」。

この「毎」が重要になってきます。

「毎」というのは「24時間毎に600円」ということですので、「24時間600円が繰り返される」ということです。

仮に、先程と同じように40時間停めたとします。

「24時間毎」ですので、「24時間までは600円」。

「24時間から48時間までは600円」。

 

600円+600円=1200円

 

になります。

2つの駐車場を調べましたが、同じ40時間停めた場合、1つ目は「3000円」、2つ目は「1200円」。

なんと、「1800円」も違ってくるんです。

同じ「24時間最大600円」でも、「毎」が付くか付かないかで・・・

 

まとめ

駐車場の「最大料金24時間」について書いてみました。

24時間以降の料金は「毎」が付かないと、24時間以降は通常料金。

「毎」が付くと、24時間毎に最大料金が繰り返し適用。

 

 

また、色んな駐車場がありますので、もっと分かりにくい表記もあると思います。

ですので、看板に書いてある管理会社の電話番号に電話して問い合わせてみるのが一番確実です。

不安な場合は問い合わせしてみてください。

私も、不安な時は問い合わせしています。

後から、「自分が思った金額よりもずっと高額な駐車料金だった」なんて嫌ですからね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Sponsored Link



-こんな方法があったんだ

執筆者:

関連記事

りんくうタウン駅周辺の駐車場で最安値はどこ?

    りんくうタウン駅。 関西空港駅の1つ手前の駅で非常に便利で利用客の多い駅です。 JRと南海電鉄が利用可能。 私もよく利用していますが、利用する場合、車でりんくうタウン駅まで …

老人が迷子になった時、助けを呼ぶ為の最終手段・方法とは?

      先日、家のおばあちゃん(74歳)が道で迷子になったんです。 そして、3時間くらい彷徨い歩いて、やっと知り合いの女性に助けてもらえました。 これには、本人も本当 …

アーカイブ

検索