未分類

金本知憲監督(阪神)の辞任について思うこと

投稿日:

 

 

 

2018年10月11日。

阪神タイガースの金本知憲監督が辞任を発表しました。

「続投」が一変して「辞任」。

この発表について、思ったことを書いてみたいと思います。

 

Sponsored Link



 

金本知憲監督(阪神)の辞任について思うこと

本当に急転直下の辞任発表でした。

つい、2,3日前までは球団も金本監督の続投を発表していましたし。

契約が、あと2年残っていることからも、続投は決定なのかと思っていました。

 

 

しかし、この日の金本監督の辞任発表。

かなりの衝撃を受けました。

 

 

しかし、個人的には「金本監督は自分から辞めるのではないかな?」という思いもあったんです。

もし、監督が辞めるなら、金本監督が自ら辞めると言うしかないと・・・

 

 

思った通り、金本監督は自ら辞意を表明。

「やっぱりか」という風に思いました。

 

 

この辞任については、私は当然であり、勝負の世界においては仕方のないことだと思います。

最下位という結果に終わってしまった責任は、やはり現場のトップである監督が取らないといけません。

しかも、17年ぶりの最下位。

ここ最近は弱小球団ではなくなっていた阪神を久しぶりの最下位にしてしまった責任は重いです。

そういう意味でも、辞任は仕方のないことではないでしょうか。

 

 

金本監督も、辞任を決めたのは「最下位が決定した時」と言っています。

監督も「最下位」という重さを分かった上での判断だったのでしょう。

 

Sponsored Link



 

 

また、今オフのタイミングも悪かったですね。

タイミングというのは「他球団の監督の辞任」です。

オリックス・福良監督、巨人・高橋監督、中日・森監督が退任。

Bクラスで続投するのはDeNAのラミレス監督だけ。

ロッテの井口監督は1年目ですし、梨田監督はシーズン途中で休養し来季からは平石監督代行が監督になります。

 

 

そんな中、最下位の金本監督が3年やっての続投はいかにも不自然。

こんな流れで、来季も監督をやるのは非常に辛いでしょう。

なので、金本監督の辞任は良かったと思います。

 

 

選手時代は、数々の記録を作り「名選手」であった金本監督。

しかし、監督としては1年目が4位、2年目が2位、3年目が最下位。

結果を残すことが出来ませんでした。

 

 

本人も言っていた通り、阪神監督の3年間は「しんどかった」ことでしょう。

人気球団ゆえのプレッシャーも相当なものだったことでしょう。

こんな辞め方をしてしまったので、プロ野球の監督をやることは、もうないかもしれません。

しかし、偉大な選手であったことは間違いありません。

ゆっくり休んでください。

そして、また、野球に携わる仕事で頑張ってほしいです。

 

 

Sponsored Link



-未分類

執筆者:

関連記事

河童の川流れの意味、由来、類義語、例文は?

    河童の川流れ。 良く聞く「ことわざ」ですよね。 今まで、何回聞いたことがあるでしょうか? 分からないくらい、何回も聞いてきました。 今回は、「河童の川流れ」ということわざに …

長居植物園に行ってきました!アクセス&駐車場、入園料は?

      2018年11月26日。 大阪府大阪市にある「長居植物園」に行ってきました。 長居植物園は長居公園内にある人気の植物園です。 今回は、その事について書いてみた …

師走の候の読み方と時期はいつから?例文は?

      「師走の候」。 「師走」という言葉はよく聞きますが、「師走の候」というのは、ちょっと聞きなれない言葉です。 読み方や意味などを調べてみました。   …

阪神タイガースの永久欠番は何番で選手は誰がいるのか?

    阪神タイガース。 2018年の今季は低迷していますが、過去は素晴らしい選手が数多くいました。 その中で、永久欠番になった選手はどんな選手がいたんでしょうか? 今回は、阪神タ …

初春の候の読み方は?時期は何月でいつまで使えるの?

    初春の候。 普段の生活ではなかなか使わない言葉です。 私自身も、全く使ったことがありません(笑) 年賀状を頂いたときに書いてあったかな?という印象はありますが、それ以外は記 …

アーカイブ

検索