ゴルフ技術

判明!女子プロゴルファーのポケットの中身

投稿日:2017年9月19日 更新日:

 

今回は、パターも終わり練習も終わりストレッチも終わり、さあこれから打ちますよというときに必要な物ご紹介します。

 

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

Sponsored Link



 

 

今、もちろんティーショットを打つロングティー、ショートで打つショートティー。

ショートを使わないで長いのを刺して使う人もいますがショートティーとロングティー。これはだいたい2、3本ずつポケットに入れとくと良いでしょう。

 

 

そして、グリーンフォーク。

これはセカンドでグリーンに乗った時、凹んだグリーンを治すグリーンフォークです。

そして、今流行っているのがこれ。

帽子などにくっつけてポケットなどに入れず、アクセサリーにもなるバイザーにつけとくマグネット型のグリーンマークです。

そして、今結構皆さん持っているのがこの大き目のカジノコイン。

このコインを持っている方がとても多いです。

確かに、これやこれ。

大きくてちょっとロングパットをする時にもでも、このマークだと分かりやすいのでこのマークを使う方多いのですが、これからマナーのお話をさせて頂きます。

このマークは少し厚みがあります。

確かにポケットから出しやすかったり帽子についているので取りやすかったりしますが、必ずポケットにゴルフ場に無料で置いてある、このゴルフ場のマークは必ずポケットに入れといてください。

このマークはわざとぺたんこに作ってあるので、少しボールがライン上に近いところにあってもこのマークだったら動かさなくても邪魔になりません。

やはりカップから2、3ヤードに自分のボールが付いた場合や、後方線上に他の方のボールがあった場合には、こういうマークではなくこのゴルフ場のマークを刺してあげてください。

でないと、このマークが邪魔なので動かすことはルール的に可能ですが、その動かしている時間がスロープレイだったり前との間隔を空けてしまう原因になるので、マナー的にカップの2、3メーター以内についたボールをマークする時はコース内のマーク。

後方戦上に他の方のマークがある時もこちら。

ただ、自分のボールが遠くて後ろに誰もいない時にはこういうマークを使うようにしてください。

 

 

Sponsored Link



 

 

そして、グリーンフォーク。

これは、必ず持ち歩いていてほしいのですが、グリーンについたディボットマーク、凹みというのは当日に直す場合と次の日に直す場合ではその芝の回復力というのは1週間から10日違うと言われています。

ですので、自分がつけたマークないし、もし1人1ホール1つずつ他の方のディボットマークでもいいので見つけたら直すことができたならグリーン上にディボットマークは無い訳です。

これはゴルフ上のグリーンの保護とマナーに関わることなので、必ずグリーンフォークを持ち歩いて気が付いたらマークを直してあげてください。

ただ、このグリーンフォークの使い方、これも1つ注意があります。

凹んだマークの落ちた場所がこう落ちたとすると、穴はこっちが盛り上がりこっちが低くなります。

こういうような穴になるんですね。

そうした場合、刺した時に盛り上がった方から刺して横に掘り起こす? ずらす? 刺す。

決してしてはいけないのは、刺して持ち上げる。

この行為は根っこを切る原因になりますので、まず盛り上がった方の高いところからグリーンを刺してください。

そうすると、自然と盛り上がったところが内側に来るので穴がだんだんふさがって行きます。

そこをパターの裏でトントンしてあげれば、そのグリーンはすぐ直ります。

ディボットはすぐ直ります。

入れて根を起こすような行為は根を切ってしまい枯れる原因なので、よくコースに行くとディボットマークだけ枯れている場所があると思うんですが、それは下から掘り起こした場合そのような枯れてしまう跡になっているので、必ず上から刺してそれだけで穴は縮まりますので、そこをパターでトントンするという行為をしてください。

ですので、必ずフォークマークは必ず持ち歩くようにしてください。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフが飛躍的に上手くなる左手一本練習法とは?

  以前、練習方法の一つとして 左手一本でボールを打つ練習をすると ゴルフがすごく上手になると YouTubeで流したと思います。 その際、左手一本で練習してくださったのですが 「どう頑張っ …

ゴルフで強いフックが出る原因と直し方

    今回は、100以上打つ方のフックボール、チーピンボール。 すごい左に飛んで行って、左に飛んでしまう、という方の原因をお話したいと思います。   コチラの動画も合わ …

ゴルフのアイアンでボールが上がらないを脱却

    今回はお客様より アイアンの球が上がらない。 というご相談を受けました。 その疑問についてお答えします。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ …

判明!ダフリを防止する方法

        今日は前回に質問いただいたダフってしまうという4つのポイントの練習方法です。     Sponsored Link &nbs …

ゴルフクラブ 正しいシャフトの選び方

      今回は、ゴルフクラブの選び方の中の「正しいシャフトの選び方」についてお話します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓  …

カテゴリー

アーカイブ

検索