ゴルフ技術

判明!バンカーの硬さによる打ち分け方

投稿日:2017年9月18日 更新日:

 

 

 

今回は、バンカーの固いバンカーと柔らかいバンカーの打ち分け方です。

 

 

 

Sponsored Link



 

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

柔らかいバンカーは砂がいっぱい入っているバンカーです。

固いバンカーは砂が入っていない場合と雨の日の雨が湿って固くなっているバンカーと2通りあります。

でも、もともとの固いバンカーに変わりありませんから、その2種類は同じ打ち方でいいと思います。

 

 

では、柔らかいバンカーの打ち方です。

柔らかいバンカーは、基本的にはアプローチと全く同じ打ち方。

というのも、柔らかいバンカーはクラブの全体を使います。

クラブ全体で砂を反発することでボールは飛んでいく。

ですから、打ち方としてはアプローチと同様に、飛ばしたいフェイス、打ちたい軌道のアドレスを取ってあげます。

 

 

Sponsored Link



 

 

ただ、固いバンカーの場合です。

固いバンカーだと、弾かれてホームランすることありませんか。

これはなぜかというと、クラブが下が固いバンカーのため、砂に入って行かずトップしてしまうんです。

だから、固いところにあたって弾かれて、大きく球が飛んでしまうのをホームランするといいます。

ではどうやって打つのでしょうか。

私は固いバンカーの時には、基本フェイスの向き、打ちたい軌道のアドレスは変えません。

ただ、アドレスをした後にグリップ1本分だけハンドダウンします。

そうすると、少しだけトーが浮きます。

そうすると、このヒールの部分を鋭角的に、全体的にではなく、ここのヒールだけポイントで砂に入れることができます。

固いバンカーの場合は、全体的にクラブを落とすと弾かれてしまいますが、このポイントで落としてあげれば砂に設置する部分が少なくなるので、砂の仲間でクラブが入って行ってくれます。

それと同様にハウンドダウンするだけで、そのアドレスを取ったら自分で操作さえしなければ、クラブが上から入って砂に入りやすくアドレスできます。

というかできています。

ですので、下が固いバンカーの場合は、通常の出したい高さのライ角、アドレスをしたらそこからクラブ1本だけハンドダウンにしてあげるだけで固いバンカーの打ち方と、柔らかいバンカーの打ち方は変えられます。

柔らかいバンカーの時にもし、足を動かしたくなくてグリグリした場合にはそのグリグリした分はクラブを短く持ってくださいね。

ですから、バンカーの砂の量によって少しだけアドレスを変えて打ってみてください。

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフのスタート前の練習方法

  では今回から、ティーショットに入っていきたいと思います。 ティーショットというか、コースに実践的に入っていきたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓  …

ゴルフのスコアメイクとコンフォートゾーンとは?

    三和子の外伝。 今日は、“コンフォートゾーン”について、少しだけお話させていただきたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ …

コースマネジメント セカンドショット編

    今回は、セカンドショットのコースマネジメントを考えることをご紹介したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsore …

判明!ダフリを防止する方法

        今日は前回に質問いただいたダフってしまうという4つのポイントの練習方法です。     Sponsored Link &nbs …

ゴルフのグリーンの距離感とラインの読み方

    はい。では、今日は、“まいことみわこの目指せ80台、コース編”です。 では、今日の一発目、グリーン上です。 今日、グリーンで、“距離感の出し方”というのをやります。 &nb …

カテゴリー

アーカイブ

検索