ゴルフ技術

判明!ダフリを防止する方法

投稿日:2017年9月15日 更新日:

 

 

 

 

今日は前回に質問いただいたダフってしまうという4つのポイントの練習方法です。

 

 

Sponsored Link



 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

4つのポイントの内、2つはアドレスの中。

停止している状態でのことなので、練習方法として直すことはありません。

しかし、グリップエンドがハンドレイトになりすぎているのか、ハンドファーストになりすぎているのか、支点のところにあるかを確認するために練習場でわざと左内側、ハンドレイト、ハンドファーストそれぞれ打ち分けてみてください。

きっと、何故ダフってしまうのか確認ができると思います。

顎とか頭、頭上から顎が真っ直ぐになっていませんか、というポイントも同じです。

これも停止している時のことなので、直す練習方法はありません。

しかし、練習として、自分の中で真っ直ぐになっている場合と右に倒れて打っている場合。

その打ち分けをわざとすることによって、自分が傾いていれば傾いてしまう原因がそれだということが分かると思います。

ですので、良い、大ショットを打つのが練習では無くて色々と試してみると自分には何をダフっていたのか分かってくるようになると思います。

 

 

Sponsored Link



 

 

頭の軸がズレている練習の1つとして、ボールを右目で見る場合と左目で見る場合があります。

これでもだいぶ違います。

ですので、ここを思って振ってみると頭の傾きが良く分かると思います。

では、3つ目のダフりの原因、ポイントの練習をします。

体重が1対2になっていなければならないのに、1対1になっていませんか、と言ったと思いますが、これは実際に体重移動が出来ていないので、やはりステップもぶれる。

これを見れば1対2の体重移動の練習が出来ます。

ですので、ステップをこのように練習をしてみてください。

4つ目の手で上げていませんかと言ったと思いますが、それはやはり左手1本で球を振ってください。

これを振ることで、ゆはり左手で上げるのでタイミングも速くなること無くゆっくり上げられますし、上がるところも良いところに上がる。

左手で1本で球を練習してみてください。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知っておくべきゴルフのスタート前の練習方法

  では今回から、ティーショットに入っていきたいと思います。 ティーショットというか、コースに実践的に入っていきたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓  …

知っておくべきパター練習の方法!スタート前はこうする

    では、今日は、朝、練習場に来て、グリーンの状態がどのくらい速いのか。 どのくらいのグリーンの自分の感覚と合っているのか、それを確認するための、朝の練習方法です。 &nbsp …

知っておくべきスタート前のバンカー練習!柔らかい土の場合

    はい。では今回は、“柔らかいバンカー編”。 同じバンカーなんで、ちょっと下が固かったので、砂を寄せ集めて、下は固いんですけど、柔らかいと仮定して、ちょっとやりたいと思います …

ゴルフ ドローボールとフェードボールの打ち方

  こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link  まず、ドローのアドレス編です。 皆さんはドローの打ち方、インサイドアウトで打つということは知ってい …

ゴルフクラブ 正しいシャフトの選び方

      今回は、ゴルフクラブの選び方の中の「正しいシャフトの選び方」についてお話します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓  …

アーカイブ

検索