ゴルフ技術

判明!ダフリの4つの原因

投稿日:2017年9月14日 更新日:

 

 

今日のご質問はこのAスタイルのアドレスをして振るのにダフってしまう。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link



 

 

1つ目。ダフってしまう原因の1つ目は、体重移動が1対2に出来ていない。

1対1になってしまうと、体重はフィニッシュまで行かないので、右に残ってしまう。

なので、ダフってしまう原因が1つ目。

 

 

2つ目の原因は、グリップエンドが左股関節では無く、ハンドレイトになっていませんか。

グリップが腰側になっていると、ここからグリップが先に手で止まってしまい、ヘッドが出遅れます。

そうすると、トップに上がってきた時にクラブが寝てしまいます。

そうするとヘッドが平行していないので、戻ってきた時もグリップが先に平行し、ヘッドがかすりません。

ですので、グリップが先に行ってしまう分だけクラブが寝てしまう。

だからダフりが出てしまう。

これが、2つ目の原因です。

 

 

Sponsored Link



 

 

3つ目の原因です。

テイクバックの時左手で上げず右手で上げてしまうため、体が捻れていないためにどうしてもトップから振り下ろのが、捻れていない姿勢で下ろしていきます。

身体が体重移動すれば、回転で行くのにも関わらず手で右手で上げてしまうために捻れが足りず、身体が回るところが無くなってしまい、回っていないので回っていないために、右手で下ろしてしまう。

なので、ダフってしまうという原因もあります。

 

 

4つ目です。

4つ目の原因は、アドレスをした時にAライン、頭の頂上と顎は真っ直ぐにというポイントをお話をしたと思うんですが、この頭上から顎のラインが傾いている場合や、打つ時にズレてしまう。

横になる。

このラインは下がってしまうと、右肩が下がってしまいます。

なので、ダフってしまうという原因もあります。

ですので、この4つの中にきっと当てはまることがあると思います。

1度チェックしてみてください。

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!ゴルフのシャンクの原因と治し方

    ゴルフをしていく上で必ず当たる壁があります。 それは、シャンクです。 基本的にはシャンクとナイスショックは紙一重と言われていますが、ではシャンクとはいったいどのようなことを …

判明!ゴルフ 左足下がり(前方下がり)の打ち方と練習方法

  今回はティーショットを打ったボールが、どのようなライにあったか、どのようなライで打ったらいいのか、のご説明をさせて頂きたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください …

ゴルフのスライスの直し方と練習方法

      今回は、フェースではなく、スライスが出てしまう疑問に対して、これが原因ではないかな、という点が二つあったと思います。 その、自分のスライスになってしまう原因を …

ゴルフで林の下しか通せる場所がない時の脱出法

    今回は、Tショットから打った球が、セカンド地点、ホールに行ってみたら、林の中で高いボール、いつもの高いボールが打てない。下しか出せないというラインの場合に打つ、打ち方をした …

ゴルフクラブの選び方

    こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   みなさん、こんにちは。 今回はゴルフクラブの選び方についてお話します。   ゴルフクラブって …

カテゴリー

アーカイブ

検索