ゴルフ技術

判明!フェアウェイウッドの打ち方

投稿日:2017年9月12日 更新日:

 

 

 

 

今回は、フェアウェイウッドの打ち方が分からない、どういう風にしたら打てるのかとご質問がございましたので、それについてお答えしたいと思います。

まず、フェアウェイウッドのミスの原因として、1つは球が上がらない。地を這ってゴロになってしまうというのが質問の内容でした。

では、その原因についてお話しします。

 

 

Sponsored Link



 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

フェアウェイウッドが、上がらない理由として、まずアドレスに問題があります。

アドレスの時にフェアウェイウッドを上げたい、当てたいの意識が強くてヘッドが少し被ってアドレスをしていませんか。

ヘッドが被って入ってしまうと、球のクラブのロフトが立ってしまい、球が上がりにくくなります。

フェアウェイウッドのソールを見ると、ここが広くなっているのが分かりますよね。

小さいのがユーティリティです。

広くなってるのはここを使って、バウンスを使って地面を擦って上げなければいけません。

ですから、クラブというのはアドレスした時、自然とアドレスに合わせるのではなく、ヘッドをまずポンと置きます。その置いたところの角度がそのクラブのロフトなんです。

ですから、いつも言いますが、ヘッドに合わせてからアドレスを取る。

クラブを被せてからアドレスをするのではなく、ポンとまずヘッドを置いてください。

置いてから、方向を合わせますよね。方向を合わせてヘッドをそのまま置きます。

そうしたら、そのグリップエンドを股関節の内側、左の股関節の内側に合わせる。

これが、フェアウェイウッドのそもそものロフトになります。

そうすればこのロフトの付いてる分の高さは必ず出ます。

ですが、どうしても球を当てたい、球を上げたいという気持ちの問題からクラブが少し被ってしまうと、ロフトが立ってしまうのでその分、球が上がらなくなります。

ですから、必ずボールに対してラインを合わせたらそのままクラブを置く。

そして、グリップエンドを左股関節に合わせてそしてグリップをする。

これが一番大事です。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

そして、あとはフェード、ドローを打つ場合はフェードのアドレス、ドローのアドレスをしっかり取るということが大事です。

そして、少し頭の中に入れといて頂きたいのは、アイアンでもソールをちゃんとつかうというようにフェアウェイウッドもこのソールを使いたいので、決してこの歯の部分をボールに当てるのではなくてこのソールを地面に擦る。

その気持ちが大事だと思います。

ですから、必ずクラブは自分でロフトを作るのでは無く、ノーマルのこのクラブの高さを出すにはラインを合わせたら必ずクラブを置いてから、そして自分がアドレスをするというのが大事だと思ってください。

そうすれば、自分で打ちに行ったり、球をクラブをフェイスを被せたりすることが無くなりますので、クラブ通りの適切な高さになると思います。

ですので、それを少し心掛けて試してみてください。

 

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!ゴルフの最適なパット 2つのスタイル

  今回は、パターのアドレス。 松山君タイプのアドレスを広くしたアドレスと、アドレスを狭くしたヘッドを使ったリッキータイプの2種類の基本アドレスをしたいと思います。   コチラの動 …

知っておくべきゴルフの雨の日対策!アドレスの注意点は?

        今回は、雨の日のアドレスでの注意点をお話ししたいと思います。     Sponsored Link   &nbsp …

コースマネジメント セカンドショット編

    今回は、セカンドショットのコースマネジメントを考えることをご紹介したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsore …

知っておくべきゴルフでディボットに入った時の打ち方

    今回は、セカンド地点。 ど真ん中に行った球が ディボットに入った経験あると思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   …

知っておくべきゴルフのスライスの直し方と練習方法

      今回は、フェースではなく、スライスが出てしまう疑問に対して、これが原因ではないかな、という点が二つあったと思います。 その、自分のスライスになってしまう原因を …

アーカイブ

検索