関西エンタメ&スポーツの穴

関西を中心にエンタメやスポーツ情報を書いています。

野球

阪神タイガースの2018年ドラフト1位は即戦力投手で大丈夫?

投稿日:2018年8月31日 更新日:

 

 

2018年8月28日。

デイリースポーツを読みました。

この日の1面は「ドラ1戦略急展開 阪神 即戦力先発投手」でした。

これに対する、個人的な考えを書いてみたいと思います。

 

Sponsored Link



阪神タイガースの2018年ドラフト1位は即戦力先発投手で大丈夫なのか?

8月28日のデイリースポーツを読んだんですが。

今年、2018年のドラフトで阪神タイガースはドラフト1位を即戦力の先発投手で行くという方針転換をしたというのです。

当初は、高校生野手である大阪桐蔭の根尾・藤原、報徳学園の小園海斗選手の指名が有力視されていました。

しかし、ここに来て、方針が変わったというのです。

 

 

個人的に、この考え方には、私は反対なんです。

というのも、当初の高校生野手というのが良いと思っています。

 

 

この日のデイリースポーツでは「25歳前後の野手が一定のレベルで各ポジションに顔を揃える。その現有メンバーを育成していくというチーム作りの骨格は出来つつある」という内容の記事が書いてありました。

私は、これは違うだろと思いました。

確かに、25歳前後の野手では、内野手では大山、北條、糸原、植田、陽川、外野手では中谷、高山らがいます。

しかし、来季以降、レギュラーをでやっていけるといえば糸原くらいでしょう。

その糸原に関しても、完全にレギュラーを獲ったとは言えません。

まだまだ、ドラフトでの補強は必要だと思います。

 

 

それに比べ、投手は戦力的に整っているんではないでしょうか。

デイリースポーツでは、先発で確立されているのはメッセンジャーだけ、他がいないと書いていました。

しかし、二桁勝利の経験がある若手投手は、藤浪もいますし、秋山もいますし、岩貞もいます。

さらには、小野、才木も二桁勝った経験は無いですが、期待は出来る投手です。

どう考えても、野手よりも優秀だと思います。

 

 

こんな状態でドラフト1位を即戦力の先発投手で行くなんて・・・

理解不能です。

 

 

Sponsored Link



 

 

さらに、私の考えでは、野手の中でも外野手が手薄なんではないかと思います。

福留、糸井は高齢ですし、数年後は必ずいなくなります。

その穴埋めが出来るのか?

現状の戦力では厳しいのではないかと考えます。

 

 

そんなことで、個人的に大阪桐蔭の藤原選手をドラフト1位で行ってほしいと思っていたんです。

藤原選手はトリプルスリーを狙える将来性豊かな外野手ですので、福留・糸井の穴埋めが出来るんではないでしょうか?

センターで使えば、センターラインの強化も出来ると思うんです。

 

 

以上、長々と書いてきましたが、この日のデイリースポーツの記事のような方針は反対です。

高校生の野手、中でも、大阪桐蔭高校の藤原選手を1位指名してほしいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

Sponsored Link



(Visited 8 times, 1 visits today)

-野球

執筆者:

関連記事

國學院大學 清水昇投手の投球動画!出身高校はどこなのか?

      2018年10月1日。 MBSラジオ「ベースボールパーク」を聴きました。 この日は阪神はDeNAに完敗。 聴いている最中に、今年のドラフト会議の事が気になりま …

阪神 新外国人 ソラーテのメジャーでの年度別過去成績は?

    阪神タイガースの新外国人候補「ヤンハ―ビス・ソラーテ」。 右投げ両打ちの内野手。 長打力が魅力のパワーヒッター。 得点力不足に泣いている阪神にとって、救世主になるでしょうか …

阪神 植田海内野手は両打ちをやめて右打ちに専念した方が良い?

    2018年5月29日。 ABCラジオ「ますだおかだ増田&塚本麻里衣のよなよな」を聴きました。 聴いてみた感想を書いてみたいと思います。 Sponsored Link 植田海 …

松坂大輔投手の日米年度別過去成績・年俸推移!背番号遍歴も

    松坂大輔投手。   2020年は古巣である西武ライオンズに14年ぶりに復帰しましたね。   レジェンド的な存在の松坂投手ですが、松坂投手の日米の年度別過 …

セ・リーグ新人王2019予想!ヤクルト村上と阪神近本のどっち?

  2019年のセ・リーグの新人王。今年は非常にレベルが高いですね。   ヤクルト・村上宗隆選手と阪神・近本光司選手の一騎打ち。同じ野手ですが、全くタイプの違う選手。比較の仕方が難 …