ゴルフ技術

ゴルフクラブ 正しいシャフトの選び方

投稿日:2017年8月8日 更新日:

 

 

 

今回は、ゴルフクラブの選び方の中の「正しいシャフトの選び方」についてお話します。

 

 

こちらの動画も合わせてご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

Sponsored Link



 

 

 

ドラコン選手というと、シャフトは硬いものだという先入観みたいなものがあると思うんですが、パワーがある選手というのは確かにダブルX、トリプルX、ファイブXとかを使っています。

私の身長でドラコンで活躍するには、クラブで最大の効率を使わないといけないので、私は基本的にはRシャフト、Aシャフト、これくらい柔らかいシャフトを使っています。

いかに球を乗せるか、フェースにシャフトを走らせて乗せるかということで、飛距離が出てきます。

弾いちゃうと実はスピンに変わっちゃって実は飛んでないので、遠心力を利用して荷重移動させたヘッドにボールを当てさせる。

そうすることによって、ボールに乗っている時間が長くなり、コントロールと飛距離の両方が手に入ります。

これは、パートナーが開発したムチャクチャ柔らかいシャフトですけども、これでもしっかり飛んでいきます。

硬いから飛ぶというのは先入観だけで、実際にそういうことはありません。

パワーがある人たちが振った時に不安になるっていう要素を取り除くためには硬いシャフトは有効になるのですが、自分に合ったシャフトに出会えると飛距離はさらに伸びていきます。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

 

いかがでしたか?

ゴルフクラブのシャフトというのは、硬い方が良い、良く飛ぶというのは単に先入観なんですね。

いかに自分に合ったシャフトであるかが大事になってくるんです。

そうすることによって柔らかいシャフトでも飛距離を出せるんですね。

「自分に合ったシャフト」を探すのは難しいかもしれませんが、それが見つかれば・・・

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!ゴルフ つま先下がりの打ち方と練習方法

    今回は、セカンドに行ったとき、ボールのライが前下がりにあった時です。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link …

いまさら聞けない!ゴルフ手袋、グローブの選び方

    今回は、グローブの選び方をお話したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link   &nb …

知っておくべきゴルフのスライスの直し方と練習方法

      今回は、フェースではなく、スライスが出てしまう疑問に対して、これが原因ではないかな、という点が二つあったと思います。 その、自分のスライスになってしまう原因を …

コースマネジメント セカンドショット編

    今回は、セカンドショットのコースマネジメントを考えることをご紹介したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsore …

知っておくべきパター練習の方法!スタート前はこうする

    では、今日は、朝、練習場に来て、グリーンの状態がどのくらい速いのか。 どのくらいのグリーンの自分の感覚と合っているのか、それを確認するための、朝の練習方法です。 &nbsp …

アーカイブ

検索