関西AMラジオ&ゴルフの穴

AMラジオとゴルフが大好きな関西の中年男が日々の出来事で気になった事を書いています。

野球

望月惇志投手の球速はどう推移したか?球種、持ち球等

投稿日:2018年7月9日 更新日:

 

 

2018年7月8日。

MBSラジオ「ベースボールパーク」を聴きました。

試合には出場していませんでしたが、阪神タイガースの成長株、望月惇志投手がベンチ入りをしていました。

今回は望月惇志投手について書いてみたいと思います。

 

Sponsored Link



 

望月惇志(阪神)投手の球速はどう推移したか?

先日、2018年7月3日の甲子園での1軍中日戦。

望月惇志投手は2イニングをパーフェクトに抑える好投を見せました。

 

 

なかでも圧巻だったのは、打者6人に対し5連続の5奪三振。

最速は155㌔を計測しました。

 

 

そんな望月惇志投手の一番の特徴は速球の威力です。

プロの1軍でも十分通用する素晴らしい球速の持ち主。

その球速ですが、どのような推移をしてきたのかを調べました。

 

 

高校時代

横浜創学館高校の3年の時に、最速148㌔を計測。

今の高校野球では、150㌔を出す投手がたまにいますが、望月投手は高校時代は150㌔は出していませんでした。

 

 

プロ入り後

○プロ入り1年目

 

2016年6月の2軍の公式戦(鳴尾浜球場)で151㌔を計測。

 

 

2016年10月の1軍戦。

10月1日の巨人戦(甲子園球場)で153㌔を計測。

 

 

○プロ入り2年目

 

2017年のフェニックスリーグで155㌔を計測。

 

 

 

○プロ入り3年目

 

2018年5月9日。

2軍オリックス戦(舞洲バファローズスタジアム)で158㌔を計測。

 

 

 

こう見てみると、高校時代から3年足らずで球速を10㌔も更新したことになります。

高校時代はズバ抜けた選手というわけではなかったのですが、プロ入り後に急成長したんですね。

 

 

こうなってくると、大台160㌔の更新に期待がかかります。

過去に公式戦での160㌔超えの選手は次の通りです。

 

 

164㌔ 大谷翔平(日本ハム)

162㌔ クルーン(巨人)

161㌔ 由規(ヤクルト)

160㌔ 林昌勇(ヤクルト)

160㌔ マシソン(巨人)

160㌔ 藤浪(阪神)

 

 

この6人しかいないんです。

日本人に限っては、大谷、由規、藤浪の3人だけ。

この中に、望月投手も入ってくるでしょうか?

 

Sponsored Link



 

望月惇志(阪神)投手の球種・持ち球は?

次に、望月投手の球種・持ち球です。

望月投手の球種は、ライダーとスプリット(2018年7月現在)

プロ野球選手としては、少ない方だと思います。

 

 

しかし、それ以上に威力のあるストレートを持っています。

まだ20代前半と若いですから、今は球種を増やすことよりも、直球に磨きをかけてほしいと思います。

 

 

以上、2018年7月8日。

MBSラジオ「ベースボールパーク」を聴いて気になったことを書いてみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

望月惇志(阪神)投手はドラフト何位?出身高校&大学等

 

 

Sponsored Link



-野球

執筆者:

関連記事

鶴岡東高校は甲子園で過去に優勝はある?最高順位と成績一覧は?

    鶴岡東高校。令和元年の夏の甲子園で山形県代表として出場しています。初戦は古豪の香川・高松商業を撃破。続く2回戦も選抜の準優勝校である千葉・習志野高校に勝利。今大会の台風の目 …

阪神 藤浪晋太郎がトレードされた場合の交換相手の選手は誰か予想!

    阪神タイガース、藤浪晋太郎投手。 2019年4月現在、今季の1軍での登板はありません。     大阪桐蔭高校からドラフト1位で阪神に入団。 ルーキーイヤ …

長坂拳弥捕手はドラフト何位?出身高校、大学等

    2018年7月12日。 MBSラジオ「ベースボールパーク」を聴くつもりなんです。 本日はフレッシュオールスターゲームが行われます。 そこで、今年は出場しませんが、昨年は阪神 …

万波中正外野手の打撃動画!ドラフトはどこが指名か?

      2018年7月22日。 MBSラジオ「ベースボールパーク」を聴きました。 試合は阪神vsDeNA戦でしたが、高校野球の話も出ていました。 その中で、今回は今年 …

no image

菊池雄星の日本の西武時代の成績を振り返って考察してみました!

  シアトル・マリナーズ、菊池雄星。 2019年、今年から、メジャーリーガーになった投手。 西武ライオンズ時代は、言うまでもなく、日本を代表する左腕投手。 メジャーでは、どんな活躍をしてくれ …