ゴルフ技術

コースマネジメント セカンドショット編

投稿日:

 

 

今回は、セカンドショットのコースマネジメントを考えることをご紹介したいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link



 

 

 

セカンドにつきましたら、まず考えることは、ラフの状況かフェアウェイの状況かをまず見ます。

そして、まぁラフでしたら、球がちょっとあがりづらい。

そしてフライヤーが・・・こっからフライヤーって言っちゃいけないですね。

スピンがかかりづらいですので、それに対してのクラブ選択をまずひとつ考えます。

そして、手前に障害物か何かがある場合には、球があがりませんから、そこを避けることも考えます。

そして、打つところのライン、どのようなラインになってるかで、まずクラブを決めます。

あ、あと風。風がどのような形で来ているのかも決めます。

そしてピンの位置がどこにあるかも考えます。

まぁこれはフェアウェイも一緒ですけれども、そして、そのときに考えるのは、やはり、こう見たときに、ドローで打つのかフェードで打つのか、それはまず考えます。

そして、風がどのように来ているのかを、ドライバー同様考えます。

 

 

Sponsored Link



 

 

そして、セカンドで大事なのはピンの位置。

ピンの位置がどこにあるのかが、私にとっては結構大事です。

例えば、ピンが手前にきってあった場合、私の場合は、クラブを少し・・・クラブの選択を少し2、3ヤード奥にします。

っていうことは、ピンの手前に打つことはあんまりしません。

ピンの奥、ピンが手前だった場合はグリーンは奥には長いということですので、少し大きめに打ってあげればパーオン、そこから、ワンパッドないしツーパッドのパーかバーディーを狙う、そしてピンが手前だったときどうして手前には打たないのか。

まぁゴルフはピンの手前が・・・グリーンの手前がセオリーと言われていますが、ピンの手前になっていったとき、もしそこが少し砲台だったり、エッジからピンまでの距離が短くてエッジからボールまでの距離が長かった場合、アプローチがすごく難しくなるということなんです。

ですから、なるべくピンが手前にあった場合には少し大きめのクラブを必ず持ちます。

ピンよりも絶対手前に来るようには、うーん、持ちません。

そして、ピンが、じゃあ逆に奥だった場合、そのときには、クラブ選択は少し短く持ちます。

ですから100ヤードが・・・100ヤードピンまでだったとしたら95ヤードないし97ヤードくらいまでの距離を必ず打ちます。

逆に先ほどの逆と一緒で、ピンが奥にあった場合は、グリーンをはずして・・・奥に外してしまうとアプローチはとても難しくなります。

ですから、手前からパターでワンパッドないしツーパッドで、やってきます。そのようにしてクラブをまずひとつ決めます。

そして、風が左から来ている場合。ドローで打ちたいときには、風とケンカしますのでいつもの自分の飛距離よりも少し飛ばなくなります。

ですから、そのときには少しクラブを・・・大きいクラブを持ちます。

逆に、右からきて・・・ドローで打ちたいのに右から来ている場合は、風に乗っていきますので、スピンもほどけて転がってしまいますから、短いクラブを持ちます。

そして、傾斜のラインですが、もしラフだった場合には、まぁ男性の場合はフライヤーという前にもユーチューブでお話した現象がでてきますが、まぁ私たちの場合はラフとフェアウェイの違いとしては、フェアウェイはスピンがかかる、ラフはスピンがかからないというところなので、フェアウェイだったらバンカーの上にピンがきってあっても、ピンのほうを狙います。

ラフの場合は、やはり球があがらない・・・あがりにくくなるし、転がってしまうんで、少し花道のほうから、ピンを狙わず、安全なところへ逃げて打とうと思います。

そしてラインですが、たとえば左足あたりの場合は、距離が100ヤードだったとしても地面が左足上がりの場合は、それに対してクラブをセットアップすると、クラブのフェイスが少し開きます。

そうなると、球は高くあがりますが、距離がでない分だけクラブを少し大きめに持ちます。

逆に左足下がりの場合には、フェイスが少し被るので、その分距離がでてしまうので、クラブは短めのクラブを持ちます。

そのようにまず、風、ライン、ピンのポジションを考えてそれを相殺してクラブを選びます。

ですから、それは歩きながら、まず、ボールに向かう途中で、だから、クラブは一本しか持っていかないお客さんもいますが、それは私たちの中では絶対にしません。

まぁ近くにね、すぐクラブを取りかえれる所にクラブがあるんだったら、するかもしれませんが、基本的には2本から3本クラブを持っていって、歩きながらボールまで行ったときに、どういう球を打ちたいのか、で、そのボールにきたときにどのような状況なのか、どのようなピンポジなのか、風なのかを考えて、クラブ選択を持ち、ピン・・・までを考慮して、そして考えて打っています。

ですので、スイングのことを考えるよりも、まずその状況のほうを考えていることのほうがプロのほうは多いかと思います。

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタート前のバンカー練習!柔らかい土の場合

    はい。では今回は、“柔らかいバンカー編”。 同じバンカーなんで、ちょっと下が固かったので、砂を寄せ集めて、下は固いんですけど、柔らかいと仮定して、ちょっとやりたいと思います …

ゴルフクラブ 正しいシャフトの選び方

      今回は、ゴルフクラブの選び方の中の「正しいシャフトの選び方」についてお話します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓  …

ゴルフ パットの基本(グリーンの順目と逆目)

Sponsored Link     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ まず、グリーンの・・・そもそもグリーンには逆目と順目があります。 その見分け方は、まず …

ゴルフ テイクバックとアドレス

    今回は、横山三和子プロがテイクバックについて説明します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link …

判明!ゴルフ つま先下がりの打ち方と練習方法

    今回は、セカンドに行ったとき、ボールのライが前下がりにあった時です。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link …

カテゴリー

アーカイブ

検索