かめばかむほど亀井希夫です!

危険球をわざと投げた時代があったと元阪神・亀山が語った真相!

投稿日:2018年6月3日 更新日:

 

 

2018年5月26日。

MBSラジオ「かめばかむほど亀井希夫です!」を聴きました。

聴いてみた感想を書いてみたいと思います。

Sponsored Link



危険球をわざと投げた時代があったと元阪神・亀山が語った真相!

今回の放送では、亀井希夫アナウンサーが元阪神タイガースの亀山努さんが言っていた話をされていました。

話の経緯としては、今、話題になっている「日大アメフト部危険タックル問題」からなんです。

 

 

日大アメフト部の危険タックル問題がものすごく取り挙げられていますよね。

それを受け、亀山さんが「昔はプロ野球でも、わざと危険球を投げていた」と言ったそうなんですね!

この発言は、かなりの衝撃です。

 

 

亀山さんの発言は次のようなことです。

 

「自分はその日、調子が良く、ヒットを量産した。

しかし、明日も同じチームと試合がある。

相手チームは調子が良いまま亀山を終わらせるわけにはいかなかった。

なので、対戦相手のチームは亀山に恐怖心を与えるために、わざと危険球を当てろというサインを出してきた。

それに対し、対戦相手のキャッチャーは亀山に次のように言った。

『デッドボールのサインが出てるから当てないといけない。仕方ないから当てるけど、背中が良いか?お尻が良いか?どっちや?』と。

そして、亀山は『背中でお願いします』と答えた。」

 

ということです。

これは、ショッキングな発言です。

危険球のサインがあるなんて。

キャッチャーも監督の指示には逆らえないので、ぶつけることにするんですね。

しかし、亀山さんにあらかじめ伝えておいて、少しでも痛くないようにしようとしたということです。

Sponsored Link



 

 

亀山さんは「昔はあったけど、今はない」ということを強調されていました。

亀山さん的には「時効」なので言ってもいいと考えたんでしょう。

 

 

しかし、わざと危険球をぶつけるなんてフェアではありませんし、許せることではありません。

もし、大けがでも負ってしまったら大変ですし、命にかかわってくることですから。

「今はない」ということですから、安心と言えば安心ですが。

亀山さんが活躍した時代と言えば20年くらい前ですから、2000年くらいまでは、そういった事がプロ野球でもあったんですね。

無くなったこととはいえ悲しい話です。

とても衝撃的な話でビックリしました。

 

 

以上、2018年5月26日。

MBSラジオ「かめばかむほど亀井希夫です!」を聴いた感想を書いてみました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

東克樹(DeNA)投手が立ち上がりが悪いのはバナナ不足なのか?

 

Sponsored Link



-かめばかむほど亀井希夫です!

執筆者:

関連記事

森田まりこ(吉本新喜劇)はゴリラネタで有名だが結婚や年齢は?

      2018年6月2日。 MBSラジオ「かめばかむほど亀井希夫です!」を聴きました。 聴いてみた感想を書いてみたいと思います。 Sponsored Link 森田 …

森田まりこ(吉本新喜劇)の身長&体重!出身高校&大学は?

    2018年7月7日。 MBSラジオ「かめばかむほど亀井希夫です!」を聴きました。 今週も、亀井希夫アナウンサーと森田まりこさんが出演されていました。 そして、森田まりこさん …

アーカイブ

検索