ゴルフ技術

コースマネジメント ドライバー編

投稿日:2017年8月25日 更新日:

 

 

Sponsored Link



こちらの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ドライバーを打つ前に考えていること

私は大体、年間に280ラウンドしているのですが、よくお客様から聞かれることがあります。

それは、ドライバーを打つ時に何を考えて打っているかということです。

まず、私とアマチュアの人の違いは、まず、プロはアドレスしたら後は何も考えない。

そして、アマチュアの方は、ここに上げよう、あそこに上げよう、と動いている要素の中で、色々考えていることがほとんどです。

ですので、まず、そこが1つ違うということと、後、コースのどういう所に球を置きたいかということを考えています。

ですので、ドライバー、私がティーグラウンドに入って、まず考えていることを説明したいと思います。

 

 

Sponsored Link



 

ドローで狙うか?フェードで狙うか?

ドライバーのティーグラウンドに立つ前に考えることは、まず、コースがドローで打ちたいコースなのか、フェードで打ちたいコースなのかを考えます。

そうした時、ドローで打ちたいと思ったときは、ティーグラウンドにマークがあると思うんですが、そのティーグラウンドのマークに対して左側、手前側、そちらの方から打つ。

そちらにティーを確保します。

それは何故かというと、コースをドローに使うので、右側を広く使いたい。

逆に、フェードの場合は、ティーマークがあったら、先っちょの方、前の方で打って左を広く使いたい。

まず、ティーアップをするまでに、どちらのボールを打ちたいコースなのかを考えます。

そして、そこにティーを置きます。

 

風を読む

まず、ドローで打ちたい場合の時、後ろから自分の目標を考えると共に、風を読みます。

風を読んで、風が右から来ているのか?左から来ているのか?アゲンストなのか?フォローなのか?

その時点で、私の場合は、フォローもアゲンストもティーの髙さをあまり変えませんが、人によってはフォローの時は少し高く、アゲンストの時は少し低く刺す方もいらっしゃいます。

そして、ティーグラウンドが平らではない、平らではないティーグラウンドがけっこう多いのですが、私がするのは左足上がりのティーグラウンドの場合はティーを少し低くします。

左足下がりのティーグラウンドの場合はティーを少し高くします。

そして、風を読んだ時に左足下がりしている場合は、ドローとケンカをするわけですので、あまり左に曲がってこない。

ですから、その時に、最大の落とし場所に対する目印を作る。

逆に、フックで打ちたいというときに、右から風が吹いているときはよりフックが効く。

風に乗ってフックがきつくなるので、自分が思っている所よりも右に打ちますので、そこに対して目印を決めます。

そして、そこのパーツに対して、いつものようにヘッドを合わせ、グリップエンドを左股関節にし、ドローを打つのですからドローのアドレスにして、後は打ちます。

 

最後に・・・

ですので、動いている最中に、ここに上げようとか、腰を回そうとか、色々考えることはあると思いますが、そういうことは一切考えてはいけません。

ですので、ドライバーの際には、ティーグラウンドに立つ位置、ティーグラウンドの状況、そして風の状況を見て、ドライバーは考えて打っています。

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフクラブの選び方

    こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   みなさん、こんにちは。 今回はゴルフクラブの選び方についてお話します。   ゴルフクラブって …

ゴルフ ドローボールとフェードボールの打ち方

  こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link  まず、ドローのアドレス編です。 皆さんはドローの打ち方、インサイドアウトで打つということは知ってい …

判明!バンカーの硬さによる打ち分け方

      今回は、バンカーの固いバンカーと柔らかいバンカーの打ち分け方です。       Sponsored Link   &n …

判明!ゴルフ体重移動の効果的な練習方法

    今回は、体重移動を誤解している方がとても多いので、体重移動とは何かというのをしてみたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ …

ゴルフのアドレス 自分に合ったアドレスの見つけ方

    今回は、ゴルフの足幅、アドレスについてお話します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponsored L …

カテゴリー

アーカイブ

検索