ゴルフ技術

ゴルフ ドローボールとフェードボールの打ち方

投稿日:2017年8月22日 更新日:

 

こちらの動画も合わせてご覧ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link
 




まず、ドローのアドレス編です。

皆さんはドローの打ち方、インサイドアウトで打つということは知っていますよね。

では、それはなぜインサイドアウトになるのかご存知ですか?

それは、体の真ん中を中心とした右の懐と左の懐の広さにあるんです。

ドローのアドレスは、狙ったところよりも少し右を向くクローズドスタンスにします。

そうすると・・・見にくいと思いますので、極端にします。

じゃ、極端でやってみます。

このとき、右の懐と、左の懐。この懐の広さ、見てください。

右の懐が広くて、左の懐が狭く、見えませんか?

この懐が、広いと・・・この懐の広さは、右の懐が広いとドローになります。

これはなぜか。テイクバックを引くときに、インサイドに引きやすくなります。

そして、打った後、フォローは左の懐が狭いのでアウトサイドに抜けやすくなります。

ですから、インサイドアウト、左にスピンがかかるドローの打ち方になります。

ですので、アドレスのときも、右が広くアドレスを・・・右の懐を広く、左の懐を狭くアドレスをとることで、ドローのアドレスができます。

ですので、右の懐、左の懐。この懐の広さの、右の懐と左の懐の広さというのがアドレスでは大事になってきます。

これが、ドローのアドレスの形になります。どうでしょうか。

 

Sponsored Link



 

次に、フェードのアドレス編です。

フェードの構え方はドローでもお話したように、懐がとても大事になります。

フェードの打ち方、皆さんご存知のように、アウトサイドイン。

これは、皆さん知られていることだと思います。

では、これがなぜアウトサイドインなのか説明させていただきます。

なんで、アウトサイドインなのか、今から、していきたいと思います。

フェードのアドレスは、目標よりも少し左を向いたアドレスになりますので、オープンスタンスになります。

オープンスタンスというのは、狙ったとこより左のほうに、まっすぐ構えて、落ちるところに抜くということですね。

その際、懐を見てください。左の懐と右の懐、左の懐のほうが広く、右の懐のほうが狭くなっているように見えませんか?

この、懐がとても大事です。

フェードの場合、右の懐が狭くなるので、インに引きづられて、そのままあげるとアウトサイドにあがります。

そして、インパクト後、球を打った後は、左の懐が広くなるので、インサイドに引きやすくなります。

なので、アウトにあがり、インに振り下ろす。なので、スライスの回転になり、フェードが打てるようになります。

ですから、フェードのアドレスはグリップエンドが内側股関節、そこに、少しで、目標より左を向くのでオープンスタンス。

そして、右の懐が狭くなり、左の懐が広くなる。そうすると、アウトにあがって、インに引く。

これが、フェードのアドレスになります。いかがでしょうか。

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!バンカーの硬さによる打ち分け方

      今回は、バンカーの固いバンカーと柔らかいバンカーの打ち分け方です。       Sponsored Link   &n …

ゴルフ パットの基本(距離の基準)

      今回は、コースのグリーンの・・・グリーンに乗ったとき、パターの・・・をどう打つのか、どう読むのか、をご説明したいと思います。     &n …

知っておくべきゴルフのスタート前の練習方法

  では今回から、ティーショットに入っていきたいと思います。 ティーショットというか、コースに実践的に入っていきたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓  …

ゴルフラウンド中に心が折れそうになる瞬間あるあるBEST4

      ゴルフをラウンドしているとき心が折れる瞬間ってありますよね。 私もゴルフ歴10年以上、未だに100切りしたことはありませんが、そんな気持ちになるときはありまし …

判明!ゴルフのシャンクの原因と治し方

    ゴルフをしていく上で必ず当たる壁があります。 それは、シャンクです。 基本的にはシャンクとナイスショックは紙一重と言われていますが、ではシャンクとはいったいどのようなことを …

アーカイブ

検索