ゴルフ技術

ゴルフで林の下しか通せる場所がない時の脱出法

投稿日:2017年12月4日 更新日:

 

 

今回は、Tショットから打った球が、セカンド地点、ホールに行ってみたら、林の中で高いボール、いつもの高いボールが打てない。下しか出せないというラインの場合に打つ、打ち方をしたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link



 

 

 

まず、高いボールが打てない場合。皆さんは、何番のクラブを使いますか?

クラブが上がらないように、大体6番とか7番とか、ロフトの立ったクラブを使いますよね。

低い球を確実に打つためには、体と体は高いボールを打つアドレスをするのではなく、どちらかというと、下を向けて、アドレスするのがいいと思います。

ボールを低く出すためには、ボールの位置は、通常のアドレスはここだとすると、低いボールはここ。ここに置いておくだけで、ロフトは立つので、低いボールになります。

しかし、基本のグリップの位置、大事です。

通常、ここ。これは8番ですが、アドレスの真ん中に置いた場合、グリップエンドは左の股関節。そうすると、このクラブの出球の高さっていうのは、この高さで飛んでいきます。

もし、林の中で高さがわからなくなってしまったら、このようにすると、ボールの出球は飛んでいく角度がわかります。

もちろんこれは、6番アイアンになれば低くなるし、ピッチングになれば高くなっていきます。

ですので、もし、この8番アイアンで低い球を打つ場合は、ボールを右に置くと、ロフトが立ちます。立ちますよね。立たせます。

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

そうすると、グリップエンドはここですから、グリップエンドは左の股関節。

そうすると、必然的にボールの位置は、右足寄りになりますよね。

そうしたら、右にある分だけ、胸の面は下を向いて、右肩は落ちない。高い球を打つアドレスにならないので、後は、このままボールに対してぶつけるだけ。

そうすると、ボールというのは高く上がらず、低く出ていくことができます。

ここで、林から出すのが目的なので、ここでフルスイングをするのではなく、ボールに直接コンタクトできるようにするのがポイントです。

そうすると、体も起き上がらないので、ちゃんとボールだけヒットすることができます。

ただ、クラブがやはり6番アイアン、7番アイアンになると、ピッチングやサンドと比べて、球は低くなりますが、球は転がっていきますので、そこら辺の距離感だけはご注意ください。

 

 

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スタート前のパター練習の方法はこうすると良いですよ

    では、今日は、朝、練習場に来て、グリーンの状態がどのくらい速いのか。 どのくらいのグリーンの自分の感覚と合っているのか、それを確認するための、朝の練習方法です。 &nbsp …

ゴルフの雨の日対策アドレスの注意点は?

        今回は、雨の日のアドレスでの注意点をお話ししたいと思います。     Sponsored Link   &nbsp …

ゴルフのスライスの直し方と練習方法

      今回は、フェースではなく、スライスが出てしまう疑問に対して、これが原因ではないかな、という点が二つあったと思います。 その、自分のスライスになってしまう原因を …

ゴルフが飛躍的に上手くなる左手一本練習法の詳細

  今回は、以前YouTubeで流しました、 左手一本で打つ練習方法 を 「もう少し細かく教えてください」という コメントがありましたので それを少し練習をしていきたいと思います。 &nbs …

ゴルフのアプローチの目線はピンはダメ、落とし場所を見よ

    今回は、アプローチのスコアアップのコースマネジメントをしたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponso …

カテゴリー

アーカイブ

検索