ゴルフ技術

知っておくべきゴルフのセカンドショットの時のクラブの選び方

投稿日:

 

 

 

今回は、“スコアアップするためのコースマネジメント”を、こちらの図で解析していきたいと思います。

スコアをアップするには、まず、セカンドの距離感や、アプローチのしやすい所に落とすというのが条件となります。

その際に、セカンドのクラブを持つ番ていによって、スコアというのは少しずつ、一打ずつ変わっていきます。

では、この図で説明していきたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

Sponsored Link



 

 

まず、グリーンがあります。グリーンの大きさは、縦の長さが30ヤードあります。そして、セカンドの距離は、残り150ヤードです。

大概のお客様が、150ヤードが7番アイアンということが多いので、今回は150ヤードを大体7番アイアンで打つという仮定でさせてもらいます。

そして、グリーンは少し打ち上げの、少し砲台グリーンになっています。風は、無風です。

その際に、こちらのピンポジ。こちらのピンポジ。両方同じ、セカンドから打つ距離は150ヤードです。

だけれども、こちらの手前のピンのポジションの場合は、エッジから5ヤードしかありません。

こちらは、エッジから25ヤードの150ヤードです。

こういう仮定の場合、150ヤードだから7番アイアンを持つというのは、間違いです。

セカンドの距離から、5ヤードだった場合。もし7番アイアンで打って、ナイスショットすればもちろん、150ヤードに対してのピン配。ピンの距離まで届きます。

しかし、こちらの7番で打った場合。少しミスをした場合は、ボールの位置はグリーンエッジの手前になってしまいます。

そうすると、アプローチの中で一番難しいのは、こちらのように、エッジからピンまで5ヤード。エッジからボールの位置が、たとえばここ。ここまでの距離が10ヤードあったとします。

そうすると、球は上げなくてはならないんです。そうすると、このアプローチをするのはとても難しくなります。

ですので、こちらで150ヤードを7番で打つ場合に、ぴったりの距離を打つのではなく、プラス5ヤードから10ヤード、わざと大きめに打つようにします。

そうすると、グリーンに乗ってしまえば、パター、パターで2パッドを基準とした場合、確実に2パッドで行くことができます。

しかし、もしミスをしてグリーンに乗らず、手前10ヤードになってしまった場合は、こちらのアプローチをして、そこから2パッド。確率的に難しいアプローチが残って、そこから2パッドだと、3打かかってしまいます。

ですので、ピンが手前だった場合、その時には、5ヤードから10ヤード、少し大きめにクラブを持つ。

そうすると、ナイスショットすれば、ピンから少し遠くはなりますが、ここの距離は5ヤードから10ヤード。ミスした場合でも、ピンの手前にグリーンに乗ることが、確立が高くなります。

ですので、まず難しいアプローチを残すより、確実に乗せなくてはなりません。

ですので、ピンが手前だった場合には、少し150ヤードの7番を持つ方でも、ここをわざと6番を持つ。もしくは、7番か6番か悩んでいる時には、6番アイアンを持つというのが大事です。

 

Sponsored Link



 

しかし、逆もあります。たとえばピンが、エッジから25ヤードあった場合。

今度は、エッジからピンまでの距離が長い分だけ、奥行きはありません。5ヤードしかありません。

そうした時に、大きいクラブを持ってしまうと、もちろんグリーンオーバーになってしまいます。

そうすると、グリーン奥からアプローチするのは、とても下り。大体、下りのグリーンになっていることが多いのですが、そうすると、下りの難しいアプローチになってしまいます。

しかし、エッジから25ヤードあれば。たとえばミスをしたとしても、少し手前になるだけであって、パターで打つことはできます。

その時には、たとえば150ヤード7番の方でも、わざと8番アイアンを持ったり、150ヤードよりも絶対に行かないというクラブを持つことをオススメします。

そうすれば、無駄なアプローチをして、一打損することが、確率的に少なくなります。

確実にグリーンに乗せる。そして、その後は、パターを頑張る。

アプローチをする難しさ、難易度よりも、パターの方を優先して乗せることを大事にすることができれば、パーオン率がよくなれば、おのずとスコアもアップすると思います。

そこに、今回は無風になっていますが、ここで風が左から来ている場合、右から来ている場合で、ピンに対してこちらに狙うのか、こちらに狙うのか、右に狙うのか、左に狙うのかを決めます。

風は、とりあえずアゲインストか、フォローかというのもありますが、その時にもやはり、150ヤード=7番ではなく、風によって、ピンの奥、手前を計算して打ちます。

しかし、基本中の基本は、まずピンがエッジから5ヤードなのか、25ヤードなのか。この広い幅に落とすということが大事になってくるので、乗って、確かにミスして20ヤード残っちゃったよ、っていうこともありますが、アプローチをして1パッドで入れるより、こちらの2ーパッドでおさめる方が確率的にはいいので、確率の高い方を選んでいただきたいと思います。

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!フェアウェイウッドの打ち方

        今回は、フェアウェイウッドの打ち方が分からない、どういう風にしたら打てるのかとご質問がございましたので、それについてお答えしたいと思います。 ま …

ゴルフ110切り!スコア110を卒業する110以上の方限定動画

  今回は今コースのラウンド平均が110以上のお客さま。 なんとか110を切りたい。 そのためのポイントをお話ししたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ …

判明!ゴルフ体重移動の効果的な練習方法

    今回は、体重移動を誤解している方がとても多いので、体重移動とは何かというのをしてみたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ …

知っておくべきゴルフでディボットに入った時の打ち方

    今回は、セカンド地点。 ど真ん中に行った球が ディボットに入った経験あると思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   …

判明!ゴルフが飛躍的に上手くなる左手一本練習法とは?

  以前、練習方法の一つとして 左手一本でボールを打つ練習をすると ゴルフがすごく上手になると YouTubeで流したと思います。 その際、左手一本で練習してくださったのですが 「どう頑張っ …

アーカイブ

検索