ゴルフ技術

即実践!ゴルフのアプローチの目線はピンはダメ、落とし場所を見よ

投稿日:2017年11月23日 更新日:

 

 

今回は、アプローチのスコアアップのコースマネジメントをしたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link



 

 

 

たとえば、アプローチで大切な事。これは、ピンを見るのではなく、落とし場所を見ようということです。

たとえば、グリーンがあります。このピンはここにあります。矢印が傾斜になります。

ですから、右からの下りの傾斜。ピンまで下りの傾斜になっていると想定します。

たとえば、フェアウエーにボールがある場合と、グラスバンカー、ラフでもいいです。グラスバンカーでもいい。ラフでもいい。に、あったと仮定します。これはバンカーでもいいです。に、あったと仮定します。

その際、こちらから打つ場合には、右からの傾斜があるので。

もし、パターがここに、グリーンの上にボールがあるとしたら、傾斜があるので、これはおのずとフックラインになります。

しかし、グリーンにのっていれば、この傾斜を計算してカップまで打ちます。

そして、この傾斜に対して、どのくらいカップいくつ右とか、思いながらセットアップして打つと思います。

しかし、ゴルフをこれから始める方や、初心者の方というのは、アプローチをする場合、このボールからピンまで、直線的に見ている方がとても多いのです。

ピンを見てしまうと、ここまで直接キャリーで、空中で上げて落としてしまうと、ここから、ピンからオーバーしてこちらの部分を全然考えていません。

直接、アプローチをした時に、クラブによっても違いますが、キャリーをしたところ、滞空時間が落ちたところから、転がる部分を一切考えずに、直接ピンに狙えば、ここに落ちてからキャリーすることを、もう少し考えていただきたいです。

もし、こちらから打つとすると、このグリーン上であった場合、ここからキャリーをここに落として、ここから落として、ここからタラタラタラタラとキャリーのことを考えて、落とさなくてはいけません。

これを直接、ピンに持っていくと、その返しがピンからどんどん離れていってしまいますが、イメージはパターの感じで、ここからグリーンに落としたところから、パターを、そこからパターをする感じ。

そこから、コロコロ傾斜でいくよなっていうところに、キャリーをしてほしいのです。

ですから、ピンを打つ時に、ここがたとえば30ヤード。ボールの位置からピンまで30ヤード。

ピンを見るのではなく、落とし場所を見て、落とし場所のキャリーを考えていただきたいと思います。

ボールからピンまで30ヤードだとしても、落とすところが20ヤードであれば、20ヤードのテイクバック、スイングをしてほしいです。

ですから、練習場で練習する場合には、転がった部分を考えずに、たとえば練習場にあるネット、20ヤードとかいう看板に、キャリーで落とす練習をしているんであれば、そのキャリーをここに見て、落としていただきたいと思います。

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

次に、このようなラフだっだり、バンカーだったり、これも同じです。

ラフから打った場合には、ランが余計するので、ましてや下り。

このまま、ピンまで打ってしまったら、そのまま打ってしまったら、ここから下っている分って、どんどんどんどん、グリーンから離れていってしまいます。

ですが、ここからピンまで、ここもたとえば30ヤードあったとしたら、ここはグリーンが早い。下りなので早いので、もうギリギリ。

もしくは、グリーンに乗せても転がって出てしまうかも、というここから10ヤードのところに落として、後は、ここからタラタラタラタラと、この傾斜を考えて、ピンではなく、右を狙ってここに落として、ここからタラタラタラタラと落ちるように考えてもらいたい。

しかし、やはりピンから、ボールからピンまでのキャリーを、ピンを見てしまうと、その大きさの素振りになってしまうので、落としたい場所に仮定のカップを作って、そこにキャリーをさせることを意識して、アプローチをしてみてください。

そうすれば、おのずとピンに寄っていきます。

ピンを見てしまうと、ピンからどんどん離れてしまう。

ピンに寄せるためにアプローチをしているので、落とし場所が一番大事。

ですので、そこに対して落としたところが傾斜を考えて、右に打つのか、左に打つのかを考えればいいことなので、大事なのは、落としたところからの転がることのイメージをつけるように、アプローチは打っていただきたいと思います。

ですから、ピンまでを見るのではなく、落とし場所を見て、落とし場所の距離を打つように心がけてみてください。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知っておくべきゴルフで崖の下から高い球を打つ方法

    今回は、ティーショット打った球がセカンドにいってみたら崖の下にボールがいってしまい、球を高く上げなくてはいけない高いボールの打ち方をしたいと思います。   &nb …

必見!ゴルフのアイアンでボールが上がらないを脱却

    今回はお客様より アイアンの球が上がらない。 というご相談を受けました。 その疑問についてお答えします。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ …

ゴルフラウンド中に心が折れそうになる瞬間あるあるBEST4

      ゴルフをラウンドしているとき心が折れる瞬間ってありますよね。 私もゴルフ歴10年以上、未だに100切りしたことはありませんが、そんな気持ちになるときはありまし …

知っておくべきスタート前のバンカー練習!柔らかい土の場合

    はい。では今回は、“柔らかいバンカー編”。 同じバンカーなんで、ちょっと下が固かったので、砂を寄せ集めて、下は固いんですけど、柔らかいと仮定して、ちょっとやりたいと思います …

知っておくべきゴルフのスタート前の練習方法

  では今回から、ティーショットに入っていきたいと思います。 ティーショットというか、コースに実践的に入っていきたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓  …

アーカイブ

検索