ゴルフ技術

知っておくべきスタート前のバンカー練習!柔らかい土の場合

投稿日:2017年11月20日 更新日:

 

 

はい。では今回は、“柔らかいバンカー編”。

同じバンカーなんで、ちょっと下が固かったので、砂を寄せ集めて、下は固いんですけど、柔らかいと仮定して、ちょっとやりたいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link



 

 

 

では、柔らかいバンカーの時。

前回、固いバンカーで言ったように、クラブの開き方は、どうでしたっけ。そうそうそう。クラブは、そう、そっちに開く。

そうすると、必然的にグリップエンドは、ハンドレイト。

内側にくるので、自分が左股関節を合わせてあげると、スクエアスタンスだと、とてもとても、ボールが左になって打てないので、自分がオープンスタンスになってあげます。そうです。

そうしたら、後は、そのスタンス通りに、クラブの面を使って、そう。落としてあげる。もう一回。

ちょっとフェイスの所、ズームアップします。そう。うん。ちょっと緩んだね、もう一球。

これも固いバンカーと同じ、やっぱり3倍の砂の圧力がかかるので、そうそうそう。

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

後は高い球をそう、うまい。

そうするとどうでしょう。今度、フェイスに砂がどのようについたか。

全体的についてる感じになります。はい、そうですね。こっち向けてください、ソールを。

そうそうそう。先ほどと違って、ヒール側ではなくて、全体的に砂がつくようになります。

これは、柔らかいバンカーの打ち方です。

ですから、コースに行った時に、固いか固くないかはソールができないので、それを確かめるには、やっぱり足のグリグリで、確認するしかないんですけど、もし朝、こういう所が、練習場があれば、練習して、両方打つ練習をしてみてください。

 

 

 

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフクラブ 正しいシャフトの選び方

      今回は、ゴルフクラブの選び方の中の「正しいシャフトの選び方」についてお話します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓  …

知っておくべきゴルフで林の下しか通せる場所がない時の脱出法

    今回は、Tショットから打った球が、セカンド地点、ホールに行ってみたら、林の中で高いボール、いつもの高いボールが打てない。下しか出せないというラインの場合に打つ、打ち方をした …

即可能!5分で出来るゴルフのストレッチ&股割り

    今回は練習場がないコースでのストレッチ方法をお教えいたします。   コースによっては、ドライビングレンジがない場合もありますし、 たまたま道が混んでいて、コースに …

判明!知っておくべきゴルフ練習場での行動とは?

    今回の外伝は、“練習場での練習方法”です。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓       Sponsor …

判明!ゴルフ 左足上がり(前方上がり)の打ち方と練習方法

    今回は左足上がりのライの打ち方です。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓       Sponsored …

アーカイブ

検索