ゴルフ技術

知っておくべきパター練習の方法!スタート前はこうする

投稿日:2017年11月21日 更新日:

 

 

では、今日は、朝、練習場に来て、グリーンの状態がどのくらい速いのか。

どのくらいのグリーンの自分の感覚と合っているのか、それを確認するための、朝の練習方法です。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

Sponsored Link



 

 

 

 

 

まず、パターの方に行ってみましょうか。

まずパターは、グリーン上の平らな所をまず、探します。

じゃあ、パターを持って。じゃあ、こちらに移動します。

大体でいいので、平らなグリーンのラインを、まず探します。

ここにボールを3球、ポンポンポンと置きます。

で、カップなどを見ずに、何も考えないでタイミングだけで、自分の振りやすいタイミングで、3球、ボールの行方は見ないで、そのまま3球します。

そう。ボールは見なくてもいい。

どうですか、あのボール、3球ともバラバラ。

このバラバラだった場合は、自分のグリップの圧力が、まず一定じゃないっていうこと。これが一番の原因です。

 

 

 

 

Sponsored Link



 

 

では、もう一回、今度は向こうから。

カップに入るかどうかではなく、タイミングよく打てるかどうかが大事なので、その練習なので、もう一度3球、向こうに打ちます。

同じタイミングの意識でいいですよ。そう。そうすると、自然とさっきと同じところに行きます。

これをすると、ここから今度は、あのボールまで、自分の歩数で何歩あるかを確認します。

じゃあ、数えます。10歩ありました。

そうすると、10歩あると、ここのコースで、自分の中の、何も考えないでタイミングだけ、これを8歩だったら、じゃあこれだから10歩くらいでさっきと同じくらいの標準ができるので、まずこれを覚えてもらうと、ここのコースではここは10歩でしたけど、他のコースでは7歩みたいに、逆に短いので、そういう風にしてまず、ここのコースの自分がどのくらいなのかを知るために、朝のパターを練習してください。

なので、そこから自分の基準ができると、そこから何ヤード+何ヤード-で、ちょっと大きく、ちょっと小さくとかってなると、力で打たなくて済むので、距離感がだんだん合ってきます。

なので、必ずゴルフ場の朝は、パターはこの練習をしていただきたいと思います。

必ず、平らな所っていうのはそうそうないんですが、なるべく平らな所を見つけて、カップに打つんではなくて、自分のリズムと手の圧力。

その確認のために、朝のパターは練習をしてください。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフ パットの基本(グリーンの順目と逆目)

Sponsored Link     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ まず、グリーンの・・・そもそもグリーンには逆目と順目があります。 その見分け方は、まず …

知っておくべきスタート前のバンカー練習!柔らかい土の場合

    はい。では今回は、“柔らかいバンカー編”。 同じバンカーなんで、ちょっと下が固かったので、砂を寄せ集めて、下は固いんですけど、柔らかいと仮定して、ちょっとやりたいと思います …

知っておくべきパット(パター)の距離感をつかむコツと練習方法

    今回は、朝パター練習場での練習法をお教えしたいと思います。     Sponsored Link     コチラの動画も合わせてご覧 …

コースマネジメント アプローチ編

    こちらの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link 今回は、アプローチのマネジメントを少しお話したいと思います。 アプローチの場合に、私 …

ゴルフ テイクバックとアドレス

    今回は、横山三和子プロがテイクバックについて説明します。     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link …

アーカイブ

検索