ゴルフ技術

知っておくべき高速グリーンの攻略法

投稿日:2017年11月19日 更新日:

 

 

みわことまいこの目指せ80台。

今回は、前回、まいちゃんがコースに行きました。

コースに行って、パターがあまりよろしくなかった。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

Sponsored Link



 

 

その原因の一つとして、グリーンがめちゃめちゃ速かった。10.8ビート。

これは、大体11ビートから11.5ビートっていうのが、女子プロのトーナメントの試合の速さなので、通常の営業しているグリーンの中では、とても速いグリーンになります。

もちろん、それが、常に上りのラインにつけばいいけれども、下りのラインについてしまったりすると、自分では触っているだけだけどいってしまったりとか、そういうことはよくあることです。

パターの時に、常にやっぱり芯に当てるっていうことは、とても大事。

特に上りなんかの時に大事なんだけれども。

もうそこまで10.8ビートとか、そういう状況になってきたら、下りではまかないきれない。

その時に、では、どうやって打ったらいいのかっていうことがありました。

今、まいちゃんの方にやっていただきたいこと。

今、パター、ボールね。構えます。構えた時に、やはりクラブのボールの芯で構えて、そのままストローク。そう、うまい。

今なんか、きれいに捉えてます。もう一度。そう。まいちゃんのストロークはとてもきれいですね。でも、これを下りのラインの時。

これ、練習場のパッティンググリーンで朝、試してもらえばいいと思いますが、わざと芯を外して同じように打つ。

ボールを一つ内側。それは外側。内側。同じように打って大丈夫。そうすると球の勢いが、芯に当たってないから、勢いを抑えられる。

だけど、早いグリーンは、自分では触っただけでも、やっぱりテイクバックはしてるので、どうしても、強く入ってしまいます。芯にいったらね。

だけど、自分の中の最大限、小さくしているのにボールが転がってしまった時には、今みたいに芯で打つ。芯じゃないところで打つ。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

これが今は、ヒール寄り。そう。

じゃあ今度は、先端。芯よりも一個ボールが前。そうそう。

まいちゃんの場合は、そのパターはどちらかと言うとL字に近いので、ヘッドがローテーション。ヘッドが走ると、先っちょが走るので、加速っていう部分では先端の方が球の勢いは強い。

ヒールの方が弱くなる。なので、ヒールで打てば、なお弱くなる。

これがマレットのボール、クラブだと、先端でも先っちょでも、そんなに変わらないんですけど、これはもう本人が楽な方でいいと思う。

なので、練習場のパッティンググリーンで、朝で、グリーンが速かったら、下りの練習をする時には、まず先に、普通の芯で何も考えないで3球打って、距離をはかる。何ヤードか。

それで、今度は同じ場所から、ヒールで3球打ってみる。同じタイミングで。

そうすると、何ヤードくらい球が飛ばないのか。

逆に今度、先端で打って、何ヤードかっていうのを確認してみると、今度は下りでも同じ芯で打ったストロークでも、ヒールの方が球が飛ばないとかね。

っていう風になるので、そのような形で練習してもらうと、ちょっと速いグリーンでもね、怖くなくちゃんと芯で球を打つことができると思います。はい。

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

知っておくべきゴルフでディボットに入った時の打ち方

    今回は、セカンド地点。 ど真ん中に行った球が ディボットに入った経験あると思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   …

判明!ゴルフのシャンクの原因と一発で脱却出来る2つの直し方

    こんにちは。 右手のゴルフのカタヤマアキラです。 今日は、“コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方”、すぐ直ってしまう方法を皆さんにご紹介したいと思います。 &nb …

知っておくべきゴルフで崖の下から高い球を打つ方法

    今回は、ティーショット打った球がセカンドにいってみたら崖の下にボールがいってしまい、球を高く上げなくてはいけない高いボールの打ち方をしたいと思います。   &nb …

ゴルフのパター 3パット「しない」「させない」「許さない」

      今回はパターで3パットをしないようにする方法をお話しします。         Sponsored Link &nbsp …

知っておくべきゴルフのスライスの直し方と練習方法

      今回は、フェースではなく、スライスが出てしまう疑問に対して、これが原因ではないかな、という点が二つあったと思います。 その、自分のスライスになってしまう原因を …

アーカイブ

検索