ゴルフ技術

判明!ゴルフで強いフックが出る原因と直し方

投稿日:2017年11月15日 更新日:

 

 

今回は、100以上打つ方のフックボール、チーピンボール。

すごい左に飛んで行って、左に飛んでしまう、という方の原因をお話したいと思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

Sponsored Link



 

 

まず、フックボールというのは、アドレスした時、グリップは右手が下です。

ですので、フックというのは、右肩が、右手が下にある分だけ、クラブが少し返ってしまえば、フックボールというのは、簡単に出ます。

ですが、それは自分の思ったところ、落としたいところよりまず右に出て、まあ向いている方向が右なんですけど、右に出て、それで自分の落としたいところに落ちてくるのが、ドローボール。

しかし、左に出て、左。それとも、低いボールでファーっと、回転かかっていってしまうのがチーピンボール。

こういうのが出て、しょうがないな、という人は、まずこれが原因だと思います。

100以上打つ方の、フックボール、チーピンボールが出る原因は、これは、フェードボールともちょっと似ているのですが。

打つ時に、体重が左にいかないので、つま先がよく開いてしまう。

しかし、普通だったらこれは、スライスが出る方法ですよね。

しかし、そこに手の力で手を返して、打った後に、自分で手で操作しているから、フックボールが出てしまいます。

基本的には、ゴルフはローテーションを取ります。

それは、やっぱり右手が下だから。前提だから。

ですが、これはクラブが先行していれば、必ず右手が上に来るようになっているんです。

それを自分で、手を返して、わざと返して打っていては、左に飛んでいってしまいます。

しかし、これは何でこうなってしまうかと言うと、体重移動が右に残っているから、そうすると、人というのは右に行ってしまう。

日本人の80%は右に行くんですが、最初、やり始めた頃は。

その80%、右に行ったことがあるから、それを直すために、手を返す。そして、左にフックボールが出てしまう。

この原因が、一番多いはずなんです。

最初から左に飛んでいくんではなくて、右に飛んでいった。これを直したくて、手を返した。だから、フックボールが出たっていうのが、一番の原因です。

 

 

Sponsored Link



 

 

しかし、これはその場しのぎの直し方。

これは、ちょっとフェードとかも似てますが、必ずアドレスの時、右に寄ったものは左。つま先が開かない様に我慢します。

こうならないように、フィニッシュで、我慢します。

それは、フェードの直し方。

そこにプラス、ドローが出る人の、直すのは、この右手をピュッと右手を上にして、手をローテーションさせる。

この行為を、少しやめてみてください。

必ず、左の壁が出来ていれば、つま先が開かなければ、勝手にヘッドは走ります。

ですから、今までは体重が右に残って、壁がなかったから右にいく。それに対して、手で左に持っていった。だから、左にいった。

しかし、ここの左足が我慢すれば、右にはいく。

だけれども、その時にヘッドが走っていれば、手で自分で操作しなくても、壁があるおかげで、ヘッドが走る。

になりますので、この手をグッと自分で、押し込む行為はしなくて大丈夫です。

ですので、ドローが、フックが出てしまう方。必ず、体重のこのつま先が開かないようにまず、意識をする。

これはフェードと一緒です。

しかし、この手を無理やり返さない。

もう、壁ができていれば、勝手にヘッドが走っていきます。

だから、そちらの方を意識して、ヘッドを走らせるよっていう方を意識して、手を返すよっていうようなことは、意識しないで打ってみてください。

必ず、私が次やるのは、手を返そうと意識はしません。しかし、ちゃんと壁は作る意識をします。つま先が開かないようにします。

そうすると、それでも必ず、手は返ります。

ですので、ここを意識して、手を思い切り返すと、体も起き上がってしまいますのでね、そういうようにしないで、まずつま先、こっちの壁を意識して打ってみてください。

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

即実践!ゴルフのアプローチの目線はピンはダメ、落とし場所を見よ

    今回は、アプローチのスコアアップのコースマネジメントをしたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponso …

いまさら聞けないゴルフシャフトの話!トルク&キックポイント

    今回お客様の方からコメントをいただきました。 その内容はこういうことです。 シャフトのメーカーによってヘッドスピードを43位の人用のシャフトはクラブですとか、45ヘッドスピ …

判明!ダフリの4つの原因

    今日のご質問はこのAスタイルのアドレスをして振るのにダフってしまう。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponsore …

コースマネジメント ドライバー編

    Sponsored Link こちらの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ドライバーを打つ前に考えていること 私は大体、年間に280ラウンドしているのですが、 …

知っておくべきゴルフで林の下しか通せる場所がない時の脱出法

    今回は、Tショットから打った球が、セカンド地点、ホールに行ってみたら、林の中で高いボール、いつもの高いボールが打てない。下しか出せないというラインの場合に打つ、打ち方をした …

アーカイブ

検索