ゴルフ技術

知っておくべきゴルフで崖の下から高い球を打つ方法

投稿日:2017年11月18日 更新日:

 

 

今回は、ティーショット打った球がセカンドにいってみたら崖の下にボールがいってしまい、球を高く上げなくてはいけない高いボールの打ち方をしたいと思います。

 

 

Sponsored Link



 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

崖から落ちて行って、左足上がりのこのラインに球を上げていかなきゃいけない場合、まずしてほしいのはクラブの選択。

もちろん、8番アイアンとピッチングではピッチングアイアンの方が高く上がるのはわかりますよね。

その、クラブの方向でているみかたとしては、左足傾斜。

平らでもいいです。

に、対してクラブをこう持ってあげます。

平らなところでは、ピッチングではこの高さに飛んでいきます。

8番アイアンではこの高さで上がっていきます。

これが、左足上がりの場所で同じことをすると、ピッチングはもうちょっと上を向きます。

8番アイアンでも少し上に上げます。

 

 

Sponsored Link



 

 

では左足上がりの場合、出す距離はそんなに無かったとしたらピッチングを持つとします。

ピッチングを持ったときにまずやりがちなのは、球に当てることだけ考えていませんか?

確かに球を当てなければ意味が無いのですが、まず上げるためのアドレスをとることに意識をしましょう。

ボールが林の目線が大事です。

目線がこの林を見てあげることでアドレスは必然的に右肩が下がり、左肩が上がります。

そうすると、クラブも開いてピッチングが真ん中がここだとしたら、少し開いて構えるような形になると思います。

こういう高さを出したいという目線をもってあげ、クラブをセッティングし、アドレスをとると左肩が上がって右肩が下がる。

このようなアドレスになります。

その際、クラブはやはりここにグリップエンドがあるならばボールの位置は左股関節をさしますので、こういう状態になりますね。

ただ、ここは今平らな固定で、これが左足上がりになるのでこういう感じになりますか。

そうしたら、もう高い球を打ちますよというアドレスをとっているので、あとは自分で上げようとか球をコンタクトしようとかではなく、そのアドレスに沿って左手で上げて打ってあげます。

一球打っていきます。

ここはちょっと平らなのでいつもよりは球は高く上がりませんが、アドレスだけ左足上がりの想定でいきます。

まずクラブを少し高く上げたいヘッドをセットし、その木を越える目線でアドレスし、グリップエンドは左の股関節へ。そしたら、あとは左手一本で打ってあげる。

決して、傾斜に対して逆らってアドレスするのはご法度です。

今度は、木の上を通すときにこのようなアドレスでやってみてください。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

判明!最適なパット、パッティングスタイルの見つけ方

    朝ゴルフ場について、ストレッチが終わりましたら、次はパターの練習にいきますよね。 ここでパターの基本をしたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください …

ゴルフ パットの基本(グリーンの順目と逆目)

Sponsored Link     こちらの動画も合わせてご覧ください ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ まず、グリーンの・・・そもそもグリーンには逆目と順目があります。 その見分け方は、まず …

いまさら聞けないゴルフシャフトの話!トルク&キックポイント

    今回お客様の方からコメントをいただきました。 その内容はこういうことです。 シャフトのメーカーによってヘッドスピードを43位の人用のシャフトはクラブですとか、45ヘッドスピ …

ゴルフのパター 3パット「しない」「させない」「許さない」

      今回はパターで3パットをしないようにする方法をお話しします。         Sponsored Link &nbsp …

スコア100以上の方限定!知っておくべきスライス撃退法

    今回は、“100以上打つ方の、スライスの原因”をお話したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓     …

アーカイブ

検索