ゴルフ技術

ゴルフの雨の日対策アドレスの注意点は?

投稿日:2017年11月14日 更新日:

 

 

 

 

今回は、雨の日のアドレスでの注意点をお話ししたいと思います。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

雨の日は自分の悪い癖などが最大限に出てしまいます。

雨のときもそうですけど、風のときもそうです。

まず、自分の癖っていうのを知っとくのがポイントなんです。

まず、雨の日下がぬかるんでいるのでいつもよりも風が強いときもそうです。

アドレスが自分の適切なアドレスよりも広くなりがちです。

それを下がぬかるんでいるのでどうしてもドシッとしたいために少しアドレスが広くなりハンドダウンになりやすいので。

ですので、雨の日に少しダフったりする方は自分の適切なアドレスをもう一度確認してみましょう。

 

 

Sponsored Link



 

 

そして、雨の日に注意しなくてはいけないのは、クラブ選択もうそうですがまず、クラブは必ずフェースの間に水が入ったり芝が入ったりします。

ですから、なるべく距離がひくんだとかのときにはワンクラブ下げて、高く上がる球を打てるようなクラブを選択した方がいいと思います。

ドライバーにもここに溝が無いフェースがあると思うのですが、その場合にはボールの間に水が入ってしまい、ボールが滑ってしまいます。

自分ではナイスショットなんだけど右斜め45度に球がでた場合は雨が間に入り、ボールが滑って右にいったと考えられます。

ですから、ポケットなどに小さいタオルを入れてフェースを少し拭いてあげるだけでも全然違います。

右に出たボールはスイングじゃないこともありますので、フェースの水を拭き取ることも大切です。

そして、先ほど言ったアドレスが広くなりがちというのと、いつもよりもハンドダウンになりやすい。

そういうときにはダフりが多くなってしまいます。

今日はダフりが多いな、天気悪いな、下がぬかるんでるなっていうときにはアドレスが広くなったりハンドダウンになっているかどうかの確認をもう一度してみてください。

そして、雨の日などはタイミングがどうしても早くなってしまいます。

ですから、これも基本ですが、必ずいつもの自分のタイミング。

左手で上げる。

下がぬかるんでたり風が吹くとどうしても力で打ってしまいますが、そこはぐっと堪えて左手一本でスイングするように心がけてください。

では、雨の日も快適にゴルフを楽しんでください。

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

いまさら聞けない!ゴルフ手袋、グローブの選び方

    今回は、グローブの選び方をお話したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ Sponsored Link   &nb …

スコア100以上の方限定!知っておくべきスライス撃退法

    今回は、“100以上打つ方の、スライスの原因”をお話したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓     …

スタート前のパター練習の方法はこうすると良いですよ

    では、今日は、朝、練習場に来て、グリーンの状態がどのくらい速いのか。 どのくらいのグリーンの自分の感覚と合っているのか、それを確認するための、朝の練習方法です。 &nbsp …

ゴルフ フライヤーとは?

    今回は、フライヤーのご質問がありました。   まず、フライヤーとは何でしょうか。   フライヤーとは、これから、春先から夏、ラフが伸びてきています。 & …

ゴルフのセカンドショットの時のクラブの選び方

      今回は、“スコアアップするためのコースマネジメント”を、こちらの図で解析していきたいと思います。 スコアをアップするには、まず、セカンドの距離感や、アプローチ …

カテゴリー

アーカイブ

検索