ゴルフ技術

ゴルフのシャンクの原因と一発で脱却出来る2つの直し方

投稿日:2017年11月10日 更新日:

 

 

こんにちは。

右手のゴルフのカタヤマアキラです。

今日は、“コースでシャンクが出てしまった時の即席の直し方”、すぐ直ってしまう方法を皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

Sponsored Link



 

 

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

まず、皆さん、“シャンク”って、どうやって出るかご存知でしょうか。

“シャンク”というのは、人によっては先に当たるとか、ネックに当たるとか、いろんなことを言うんですが、このネックですね。

“シャンク”を打った後、ウェッジを見てみてください。

多分、この辺り、この辺りに、ボールの跡が付いてるはずです。

つまり、フェースではなくてネック、ネックでボールを打ってしまうのが原因なんです。

それは、スイングの何が原因かと言うと、アドレスした手の位置に、インパクトの時に手が戻ってこない。

アドレスよりも、手が体から離れたところに戻ってきた時に、なりやすいんですね。

ですから、アドレスした位置に手が戻ってくれば、何の問題もありません。

そのためには、二つの方法があります。

その打ち方をご説明したいと思います。

 

 

Sponsored Link



 

 

まず、アドレスをして、どうやって“シャンク”になるかというと、このアドレスの状態よりも手が外へ来た時に、ネックに当たって、“シャンク”になるんですね。

こういう状態、なぜそういうことが起こるかというと、右の膝が早く前に出てしまうと、アドレスした位置よりも外へいってしまうことがあるんですね。

ですから、“即席でシャンクを直す一つの方法”としては、いつものアドレスをした状態から、右のつま先を外側に向けます。

この状態で、普通に打ってみてください。

まず、この状態だと、左、右の膝が前に出ることはないので、手が自分のアドレスした位置に戻りやすいです。

ではもう一つの方法です。

もう一つの方法は、通常、フェースの真ん中でボールを構えてアドレスしますが、フェースの先。

トウではなくて、トウよりも少し離したところに、ボールをアドレスして、ここで通常のアドレスですね。

このアドレスから、今、トウの先に外したボールを打ってください。

そうすると、手が少しくらい外へ出て行って、ちょうどボールに合うということですね。

そのままだと、先に当たってしまうので、必ずそういう時は右サイドが動いてくれて、ボールをちゃんと捉えてくれるはずです。

この状態のアドレスから打ってみてください。

必ず、右サイドが正確に動いて、ボールをちゃんと上げてくれます。

この二つの方法があります。

私は、オススメするのは、後者の方ですね。

ボールを先の方でアドレスして、打ってみてください。

また、それがどうも違和感があるようでしたら、普通のアドレスからつま先を、右足のつま先を後ろに開いて、それでスイングしてみてください。

この二つの方法、どちらかをおやりになれば、必ず一回で、もう“シャンク”は止まってしまいます。

ぜひ、試してみてください。

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフのアプローチの目線はピンはダメ、落とし場所を見よ

    今回は、アプローチのスコアアップのコースマネジメントをしたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Sponso …

判明!ゴルフのシャンクの原因と治し方

    ゴルフをしていく上で必ず当たる壁があります。 それは、シャンクです。 基本的にはシャンクとナイスショックは紙一重と言われていますが、ではシャンクとはいったいどのようなことを …

判明!クロスバンカーからの打ち方

    今回はクロスバンカーのミスしない打ち方をご説明したいと思います。     コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   Spo …

スタート前のバンカー練習!柔らかい土の場合

    はい。では今回は、“柔らかいバンカー編”。 同じバンカーなんで、ちょっと下が固かったので、砂を寄せ集めて、下は固いんですけど、柔らかいと仮定して、ちょっとやりたいと思います …

ゴルフでディボットに入った時の打ち方

    今回は、セカンド地点。 ど真ん中に行った球が ディボットに入った経験あると思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓   …

カテゴリー

アーカイブ

検索