ゴルフ技術

ゴルフ練習場での練習法!知っておくべき事とは?

投稿日:2017年11月6日 更新日:

 

 

今回の外伝は、“練習場での練習方法”です。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

Sponsored Link



 

 

私が練習場に行って見る限りでは、ナイスショットをする練習を、練習場で行っていると思います。

しかし、私たちの練習方法は、ナイスショットを打つための練習ではありません。

というのは、その自分の癖、たとえば何回かYouTubeで流させていただいてますが、腰が開く人は斜め45度の練習方法。

最初のルーティンで左手であげるための、左手一本での練習方法など、基礎練習という意味での球を打つことをします。

ですから、たとえば200球、練習場で打ったとしたら、普通のいいショットを打つのは50球くらい。

そして、残りの150球を左で一本で打ったり、斜め45度の練習をしたり、自動ティーアップであれば、連続打ちの練習をしたり、ドローと程度のアドレスがちゃんとできて、その球が出るか出ないかの確認をしたり。

決して、いいショットを打つためだけの練習はしません。

ましてや、距離も、練習場のボールはコースのボールと違い、約10パーセント、1割。

1割、球が飛ばないボールを使っているところが多いです。

それはですから、球の飛ぶ高さも、普段のコースボールよりも球は上がらないし、距離もでません。

ですから、アプローチで50ヤード、練習場のボールで50ヤード打っていても、コースの球で打つと大体55ヤード。1割、飛ぶようになっていると思われます。

 

 

 

Sponsored Link



 

 

 

 

ですから、距離の計測だったり、ナイスショットを打つだけの練習は、私たちはしません。

ですから、ゴルフも他のスポーツもそうですが、基礎の練習が大事なように、アドレスが70パーセント、球の行方が決まるのであれば、そのアドレスがちゃんとできているかの確認の練習。

そして、自分がどのような癖があるか、その癖を直すための練習。

左斜め45度。右斜め45度、左手一本、右手一本、球の位置を少しずつ変えていったり、クラブのロフトを立ててボールの位置が変わって、球が、どのような球がでるかとか。

そういう確認も練習場でしています。

ですから、皆様も、ショットでのいい球を打つ練習ではなく、クラブのアドレスの確認をはじめ、斜め45度、左手一本、そしてボールが、どこが自分の適切なところなのかの確認。

そのようなことの練習も含めて練習してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフラウンド中に心が折れそうになる瞬間あるあるBEST4

      ゴルフをラウンドしているとき心が折れる瞬間ってありますよね。 私もゴルフ歴10年以上、未だに100切りしたことはありませんが、そんな気持ちになるときはありまし …

判明!ゴルフのシャンクの原因と治し方

    ゴルフをしていく上で必ず当たる壁があります。 それは、シャンクです。 基本的にはシャンクとナイスショックは紙一重と言われていますが、ではシャンクとはいったいどのようなことを …

ゴルフ 崖の下から高い球を打つ方法

    今回は、ティーショット打った球がセカンドにいってみたら崖の下にボールがいってしまい、球を高く上げなくてはいけない高いボールの打ち方をしたいと思います。   &nb …

判明!ゴルフの最適なパット 2つのスタイル

  今回は、パターのアドレス。 松山君タイプのアドレスを広くしたアドレスと、アドレスを狭くしたヘッドを使ったリッキータイプの2種類の基本アドレスをしたいと思います。   コチラの動 …

ゴルフが飛躍的に上手くなる左手一本練習法とは?

  以前、練習方法の一つとして 左手一本でボールを打つ練習をすると ゴルフがすごく上手になると YouTubeで流したと思います。 その際、左手一本で練習してくださったのですが 「どう頑張っ …

カテゴリー

アーカイブ

検索