ゴルフ技術

知っておくべきゴルフでディボットに入った時の打ち方

投稿日:2017年11月3日 更新日:

 

 

今回は、セカンド地点。
ど真ん中に行った球が
ディボットに入った経験あると思います。

 

コチラの動画も合わせてご覧ください

 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

Sponsored Link



 

 

 

ディボットは他のお客様が打った穴を
キャディさんが砂などを埋めて砂が入っています。

これは、芝の根からまた新しい芽を出すために
必ず砂は入れてあるんですが
そこに入った場合、
もう不運としかいいようがないと思いますが
やはり、そういうところに入った時も
ボールを動かすことができません。
あるがままがゴルフです。

ですので今回は
ディボットの打ち方を簡単にご説明したいと思います。

ディボットに入った場合は、これも基本中の基本。
アドレスで直せます。

通常、クラブのロフト通りにクラブをセットし、
グリップエンドが左の股関節に来るようにすると
ボールの位置が必然的に決まると以前にもお話したと思います。
しかし、ディボットの場合は、少しボールを上から
ダフりたくないし、少し上から打っていきたいので
この、もともとのロフトを少し立てます。
そうするとグリップの位置が少し左に変わります。
そこにまた、左の股関節内側にセットしてあげます。
それだけで、ボールの位置は
通常のクラブの位置よりも右に来たと思います。

 

Sponsored Link



 

 

そうすると右にある分だけ、クラブの軌道
ボールまでの最下点が少し右に行く分だけ上から当たることができます。
ですからわざとクラブを少し立て、
グリップエンドを左の股関節に合わせる。
そしてアドレスすると、通常よりも少しボールが右。

あとはもうボールが右で、体が前傾しているので
この通りに球を打ってあげれば
上からボールを当てることができるので
ディボットの時にダフったり
トップしたりすることが少なくなると思います。

一番やってはいけないのは、クラブのロフト通りに構え
自分で球を上げようとすること。
これはダフりの原因になります。

ですから、必ずディボットの場合は
自分で球を操作するのではなく、
ボールの位置、アドレスで上から入るようなアドレスを作り
あとは振るだけなんです。

通常のボールの位置、クラブの時はここ。
ディボットの時はここ、というようになるわけです。

どうでしょう。ディボットの失敗しない打ち方。
これをコースで試してみてください。

 

 

 

Sponsored Link



-ゴルフ技術

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ゴルフ パットの基本(距離の基準)

      今回は、コースのグリーンの・・・グリーンに乗ったとき、パターの・・・をどう打つのか、どう読むのか、をご説明したいと思います。     &n …

判明!ゴルフが飛躍的に上手くなる左手一本練習法の詳細

  今回は、以前YouTubeで流しました、 左手一本で打つ練習方法 を 「もう少し細かく教えてください」という コメントがありましたので それを少し練習をしていきたいと思います。 &nbs …

ゴルフ110切り!スコア110を卒業する110以上の方限定動画

  今回は今コースのラウンド平均が110以上のお客さま。 なんとか110を切りたい。 そのためのポイントをお話ししたいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください  ↓ ↓ …

ゴルフ100切り!スコア100を卒業する100以上の方限定動画

    今回は100を切りたいけど、なかなか100が切れないという皆様に、どうして100が切れないのかご説明したいと思います。   コチラの動画も合わせてご覧ください   …

知っておくべきゴルフのスライスの直し方と練習方法

      今回は、フェースではなく、スライスが出てしまう疑問に対して、これが原因ではないかな、という点が二つあったと思います。 その、自分のスライスになってしまう原因を …

アーカイブ

検索